Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

冬の柑橘の代表格ですが、
本格的に暖かくなる前にご紹介。

ダイダイ。ミカン科。
ビターオレンジというのですね。なんかアダルトだな…
DSC_03470.jpg

庭にダイダイを1本、柚子を2本植えている。
まだ10年未満の株だ。
柑橘系は実が好きなのはもちろん、
花の香りがサイコーだ。
柑橘系の花の季節になると、このドライな小平から
海の近い、あったかいところへ脱出したくなって
仕方が無い。

アロマテラピーの本で、オレンジの精油の香りは
気分をしゃっきり明るくさせてやる気を出させる方向も
ありつつ、日本人は眠たくなる人もいる…とか
書いてあったような気がする。
自分も眠くなる。自転車で少し頑張れば
ミカン山があるような場所にいたせいか、
柑橘はぱっと明るい気分にさせつつも、
何かとても安心させるのだ。

でも、もしかして、日本人のその催眠作用って
「おこたでミカン」のすりこみから
きてないだろうか、とちょっと思ったりもした。
ああ、考えただけで眠い…

買ってきた時には花が付いていた筈なのに、
植え付けてしばらく、花は数える程。
咲いたと思っても、ぽつんと緑の実が
小指の先程に実っても、台風や雨でことごとく落下。

西日がいけないのか、もっと盛り土をすべきか、
根を傷めると実が付くともいうが…
としびれを切らした頃、
一昨年やっと花が少しついた。
DSC_02420.jpg
これは昨年の花。

どうもそれまでは切り過ぎていたようだ。
タテに伸びるのではなく、
幹をしっかり太くしようとするあまり…
しかし無事熟したのは1個。
木守りとしてそのまま残した。

昨年は、一昨年よりはもっと花がついた。
そして、最終的には6個の実がとれた。
うち1個はこれも木守りとして残してある。

玄関にやってくる人から目立つのか、
「あれは何ですか」と聞かれる。
1個だけぽつねんと実ってるのが気になるのだろう。
DSC_05411.jpg

年末年始のお飾りに、鍋のタレにと
実家にあるダイダイも重宝がられているが
うちのはまだ実をまとめて絞ってビンに貯蔵、という
レベルには至っていない。

祖父がやっていた料理屋では
大量のダイダイを従業員が木製の巨大ペンチみたいな道具で
絞っていたとかで、その作業時の古写真を見た記憶がある。
あの道具は家にあったが、まだ使っているのだろうか…

肥料は油かすのお礼肥くらいで、
薬もまかないし虫もつくままにまかせている。
(だからうちの庭はアゲハがきれい)
たまに晩ご飯のしじみ汁の殻をまくくらいか。
(だからネコが庭にくる)
ミカン系は海に面した山に作るし、
海のものは土をよくする、というくらいの
非常にアバウトな手入れしかしていない。

それでも、まったくダニや傷ひとつない
きれいな状態のダイダイを収穫。
なぜこんなにきれいな丸い形になるのか、
フシギなくらいだ。

採らないでそのまま置くと、色がまた緑に戻って行ったり、
2年くらいはがっしりと枝に付いたままという。
DSC_03480.jpg
ユーアーマイサンシャインですわ。

今年も花が付いて欲しいデス。
柚子先生もそろそろおねがいしますよ。
やっぱり大バカ18年なのか?
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
ねこ  

確かに、木を切りすぎると実がなりにくい。
でも、やはり適当に剪定を入れないと、枝が混みすぎて葉が病気になるようです。
花芽がたくさんついて、実が多すぎると、自然に落ちますし。
植物はかしこいなあ。


2010/03/27 (Sat) 21:19 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

ねこさま
去年の枝はどうこうとか剪定にも
決まり事があるみたいですが…
ああっ!!よくわからん。
昨年はあまり切らなかったのですが
さて今年はどうなるでしょーか。

2010/03/28 (Sun) 21:41 | EDIT | REPLY |   
りん  

だいだいは、幸運、繁栄をもたらす木なんですよね。
家庭用蒸留器買ったので、機会があったら
芳香蒸留水作りにきてね~
貸し出しもしてます。超原始的手法ですが。

2010/03/29 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

えっ!素敵です!
庭のどくだみから何かいいもの
とれるでしょうか…

2010/03/29 (Mon) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply