Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

イベリコ豚というけどどこまでホントか
分かったもんじゃないなあ、と思っていたのは
高くて手が出ないせいだった。

ドングリを食べて育った豚。という話はなんとなく
聞いていたけど、
放牧中に豚が勝手に球根やら草、ドングリ類を食べて育ち
ランクによっては人工飼料も与えるし、
ただただドングリだけをひたすら食べるという事でも
無いようだ。

でも、独特の脂身の風味はドングリ由来ということらしい。

ウチの近所ではドングリをキジバトがせっせと
ついばんでいるけど、そうかー、だからキジバトは美味いのだな。
(食べてません…ガイドさん情報)

そのイベリコ豚のベーコンを、例の「ゼーホフ工房」で
清水の舞台から飛び降りて買ってみた。
といっても100gですが…
なにせ普通のベーコンよりグラム\100高いのだ。

見るからに白い脂に部分が多くて、
ただでさえ総コレステロールの多い自分としては
ちょっと勇気がいったが、味見でおいしかったのと
「コラーゲンたっぷり」という
おじさんの手書きのカードが気になるお年頃。

ベーコンといえばシチューに入れたり焼いたりと思っていたが
おじさんが言うには、このイベリコベーコンは
脂身が多いので、煮る料理には適していないという。
溶けて無くなってしまうよ、と。

これは生でいただくのがいいらしい。
お酒のおつまみとして、
酔っぱらうのを防ぐにはとてもいいかもしれない。
DSC_00210.jpg
ケチ臭いにもほどがある。

そんなわけで、ちょっぴりのそのベーコンの
さらに1/3を、晩ご飯の際にちょぴっと添えてみる。

これがもう、ひとくち噛むと体温でしゅるっと溶けて、
噛むヒマ無く、はかなく無くなる。
冷蔵庫から出すと、お皿の上で室温でくったり柔らかくなるのだ。

豚の脂身の苦手な人には、耐えられないかというと
そんな事無く、とてもいい香りがする。

うぬう…
そんな度々買えないけど、これはやみつきになりそう。
あー、でも、コレステロールが…
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply