Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

なんで、あんな場所に共同施設を造ろうとする?
不可解だらけなこの3市共同資源化施設構想。

その最たる、The Top of Mr.不可解が東大和市長。
市議会で、何度も何度もこの計画にムリがあるは、
財政難(かなりのものらしいですね…)だわで
このまま進めることに問題がある、と議員から追求された結果、
「自分も理事としてそう思う。他の理事(市長)と話す」とか
カッコいい事言っておいて、(ソレも何度か)
結局何にも言っていないらしい。

今迄の衛生組合の定例会議でのこの市長の発言無し
黙り地蔵なのは、議事録をちょっと見れば分かる事だ。
何のために参加しているのか…なんの発言も無し。
しかも2回も中途退席してるらしいし。

→こちら(衛生組合のサイトから)青字になってるpdfを
クリックすると議事録が見られます。

この計画は問題が多すぎるので、市長合意の後も
簡単にぽんぽんと進まないことを期待したい。
それに、近くの新築物件の営業さんも、
「あんな狭い場所に3市共同施設が建つ訳ない」
と言っていたらしい。
そう思いたいのは普通の感覚の持ち主なら当然だと思う。

でも、ちょーっと待って下さい。
そんな、アホな計画が、
「撤回」にはなっていないのです。

ソレ自体、おかしくないですか?
だから、「建つわきゃないって」と安心するのは、ちと甘い、と
以前からここに住んでいる自分は思っております。

「あの土地を活用するという理事者合意がありましたから」
と、推進側が着々と計画を進めているこれまでの経緯を
見ていると、マンション掲示板にあるような、
「そんなこと言ってたらどこにも住めない」
「全国にもある施設だから気にしなくても」
「今は基準値があるし、大丈夫じゃない?」
という意見は、ここのケースではちょっと楽観的かも。

なぜ付近住民が困っているか、
それは、これまで書いて来たモロモロの疑問に、
正面から向き合って説明しようとする姿勢が
行政や衛生組合に全く無い
、から。
そんな対応とられると、いったいどれほど環境に配慮した施設が
出来るのか?
なんかヤバい事情でもあるのか?と心配になるというものだ。

基準値があろうとなかろうと、寝屋川ではいまだに係争中。→コチラ。
排出物質をいざ測定したら、沢山出てて、あわてて参考値を
すごい勢いで引き上げ直す等、もうどうしようもない対応を
しているようだ。
その寝屋川よりも、東大和のほうが一日の稼働時間は
長い。(現在想定14時間/日)
↑全国で1.2の長時間稼働らしい。
そして、寝屋川、杉並よりも、住宅に近接している。


そして、最後にこれを書きたかったのですが、
杉並の施設には、ここの衛生組合は、一回も視察に行っていません。
杉並病に関する情報はネット等から入手、という話。
プロとしてどーだ、ソレは…しかも、近いよ?組合のある小平からは。
遠い山の中の廃プラ施設を視察しに行くのに、杉並へは行っていないなんて。

市民懇談会で、本来なら自ら発言する位置に無いコンサルが
杉並の事で都の主張する硫化水素説を繰り返すなど、
コレより6年も前に国の「公害等調停委員会」が
出した裁定と違う事を言ったり、リスクについては
「杉並とは違うから」というだけで、具体的な説明はなかったようだ。

原因物質の特定には至らなくても、杉並の場合、
その施設が原因(それが出来てからの被害なんだから、そりゃそうだ)
という裁定がちゃんと下って、損害賠償等の事態になったのに。

もし、因果関係は無い、というなら、
杉並とは違うから、大丈夫と言うなら、専門家としてちゃんと
説明して欲しい。でも、それが無い。だから、おかしい。

この計画を知り、ごく普通の東大和市民が、
自ら杉並病被害者や、研究者の方々に直に会い、
話を聞いています。その時、その方々から何と言われたか。
「東大和の予定地周辺と、杉並の環境が似ている。
絶対に建てないほうがいい」


自分も、地図を見ていて、なーんか似てるな~…
と思ってた。一見すると、広い公園があって、住環境が良さそうな
そんな立地。杉並中継所は、公園の一角にある。

そして、杉並では、比較的離れていても気流の風下の
住宅では被害が出て、近くでも大丈夫だった方もいたそうで、
地形と気象条件に被害は影響される。
そりゃそうですよね。原因物質が特定されていないとしても、
施設から出ているナニカ、が空気で運ばれるものなら、
花の香りと同じで風下が影響を受ける。

そういう事まで、予定地で調べ、検討している様子は無い。
現暫定施設の検査だって、過去1回こっきりの、
1日だけのテキトーな検査。

どこまで、やることなすこと後手後手の
穴だらけなんでしょうか。

…というわけで、付近におうちを買いたい方、
本当にじっくり調べて、検討して下さい。
市の議会議事録、衛生組合での定例会や市民懇談会の議事録…
「検討します」だけで何もやってない現実を知って下さい。

住民に、本当に知りたいことの説明をなるべく避けるような
(と思われても仕方ない対応)
自治体が造る施設は、ロクなものは出来ないでしょう。
「住民対応は、この程度でいいや」のスタンスだから。
そして、廃プラ施設だけの問題ではありません。
今後、税金使ってワケの分からん箱ものをおったてる、
そんなことだってあり得ます。

どうか、よーく、考えて下さい。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply