Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

うちの庭で、幹の太さで言えば一番大きいのは
キンモクセイだが、勢いでいえば目下すごいのが山椒。

もともと、確かこの家を建てる前の古家に
越して来た時から、ここに山椒があった。

で、家を建てたら、はからずも家をはさんで東西に
雄雌の木が1本づつの配置だった。
DSC_00900.jpg
これは初代メス。一度、台風で根こそぎ倒れた。
で、足元に支えを作ったら復活。強い…

住む人間とは逆に、どんどこ子孫繁栄、
毎年子供がぶりぶり生えて、通路の奴は里子にだしたりしているが
それでも気付けば子供の木が実をつけるようになって
はや数年、もうそろそろ第三世代、なのだ。
DSC_00890.jpg
これは、2代目の真ん中がオス、両手に花状態。
2~3年で実がついた。

雄雌は、よく見ると幹のあたりがごつごつしたコブ状の
ものが目立つのが雄、のような気がする。ウチのを見る限り。
山椒にも、性差があるのか。
ちなみにどっちにも花は咲く。よく見ると、小さい花の作りも
雄雌とでは違う。毎年、どっちだっけ…と分からなくなるほどだけど。

山椒は、いかにも強いのかと思わせて、実際は
土が変われば、それまで威勢がよかった株が急にしおれたり、
根付かない、案外と内弁慶なものらしい。
せっせと里子に出したけど、もしかすると他所ではダメだった子も
いるのかもしれない。

もう青い実がぽつぽついい感じに太って来て、
そろそろ、種が固くならないうちに採って
ヌカミソ用、佃煮、とうれしい作業。
DSC_00910.jpg
コレが初代オス。奥にエゴの花が見えます。

しかしこんな刺激のある葉を食べる芋虫ってすごいね。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  

アゲハの幼虫が威嚇のときに角を出しますが、あのニオイ、実は山椒だったのか…というくらいプーンときますよね。
うちの山椒は小さいので、アゲハ君がつくと、「ごめんね」といいながらつかまえる。そうしないと、木が丸坊主になってしまうから。
それこそ、針の先のように小さな幼虫も探し出してつかまえてます。

2010/05/30 (Sun) 15:34 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

ねこさま
> それこそ、針の先のように小さな幼虫も探し出してつかまえてます。
もう2本くらい山椒植えれば大丈夫!
ボウズになっても、また復活します。(多分)

2010/06/01 (Tue) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply