Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

ブルーベリーの時期にはもう遅きに失した記事なんですが。
それに前にも書いたか?まあいいや。
ブルーベリーは7~8月が旬なので、
農薬控えめ農園等が近くにある方は
一度摘みに行くと面白いですよ。

商業的に栽培を本格的にやりだしたのは
東京の小平市らしい。
それが街おこしに成功しているのかどうかは知らないが、
近辺の立川にも農園がけっこうあって、
秋になって梨や栗を売る前は
ブルーベリーやジャムを売っている。

そういうところで安く大量にゲットしたら、
ジャムにするのもいいけど
こういうメニューも簡単で、ブルーベリーのフレッシュさと
風味を楽しめるのでおすすめです。

好きな量のブルーベリーを洗ってザルにあげ、
ホットケーキミックスに卵、牛乳を加えたものに
ブルーベリーを投入。
それを焼いて出来上がり。
たったこれだけ。

いや、もちろん、ミックスなんて使わずちゃんと小麦粉に
ベーキングパウダー、バターに…とやっていただいてもOK。
超手抜きですから、ええ。

CA2802290.jpg


暑い時にはお好みでこんなふうにヨーグルトをちょっとかけると
酸味で食が進みます。

ブルーベリーがフライパンに接したところはちょっと焦げるけど
それも香ばしくておいしい。
失敗したジャムのように、皮が硬くなることもなく
短時間の加熱でむしろ柔らかくなって、
パン屋のタルトのチェリーや
ケーキの中のミラベルみたいな柔らかい食感になる。

たっぷり入れたつもりでも
焼いてみると「もっと入れてもよかったかな」と
思うので、これは季節のもののお楽しみで
ゼイタクに投入してみてください。

これを最初に作ってみたのは、「プリズン・ブレイク」の
主人公のお兄さんの回想シーンがきっかけ。
子供にブルーベリーパンケーキを作ってあげるシーン。
ボール一杯のブルーベリーをガイジン男性のでっかい手で
ごっそり無造作に入れてて、なんかかっこいい、
食べてみたいもんだと思った。

その中では、生地をフライパンに流してから手で
ブルーベリーを入れてた。多分その上にちょっぴり生地を
またかけてひっくり返す作り方のほうが、
ブルーベリーが潰れて焦げずにカシコイやり方なんだろう。

大昔見た雑誌で、アメリカの朝食の
「そば粉入りブルーベリーパンケーキ」というのが載ってて
コドモだし蕎麦は日本にしかないと思っていたから新鮮で、
記憶に残ってたのがその「プリズン・ブレイク」のシーンで
呼び起こされた。
(今回はそば粉は入ってません)

中身を季節の果物にかえればいいので、
こらからの季節はリンゴの薄切りにして
「オランダ風パンケーキ」にしたり
あと柑橘類も(はっさくや夏みかんなど大きいもの)
酸味と食感の面白さが合う。

ホットケーキミックスではなくて、小麦粉に卵、牛乳で
クレープを焼いて、そこにレンジで加熱したリンゴ薄切り、
春ならイチゴ等のほかほかを置いて完成、でもおいしい。

酸っぱみを果物に持たせるのがおいしいポイント。

ブルーベリーは生食もいいけど
品種や栽培方法によって皮が厚かったり
甘味が薄かったりするので、
むしろちょっとこうやって加熱したほうが
甘酸っぱい味とあのいい香りがたって、
美味しいと個人的には思う。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply