Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

九州に帰省中の、食べ物ネタ。
お魚編。

すっかり間が空き、もはや「季節のいい物」
にも入れられないし、「うちめし」というには材料系
だったりするので、日記として。
何か重複する記事があるかもしれませんが
お許し下され。

太刀魚は塩焼きが定番として知られているけど
ピチピチのものならぜひ刺身をお試し下さい。
CA2802320.jpg
このくらいピカピカ美しく、皮の剥げてないものなら刺身オッケー。

といっても、旬は夏。
夏に美味しい魚は冬も美味しいとうちの母は
言うのだが。

形が薄くて長いから、出来る刺身も薄い形。
しかしこりこりとした食感とうまみは
一度食べると塩焼きが薄れてくる美味しさ。
IMG_03790.jpg

トビウオも大変おいしい魚だが、
それにも負けません。
オツです。

CA2802340.jpg

そこらのスーパーに売ってる
さらしクジラの「オバイケ」。
脂身をさらしたものと聞くが
こうやって酢みそでいただく。
あっさり。
CA2802350.jpg
…ボケボケ写真で失礼します。

うちのほうでは酢みそで魚を食べることが多いが
沖縄に行ったら、青いブダイの刺身を
レタス等の野菜と酢みそであえて、サラダ風に
したものが大皿にどっかりと出され、
それが定食になっていてとっても美味しかった。
(しかも安い)
酢みそ文化の共通点をちょっと見た気がした。

南のほうの魚はコクが無くて美味しくない、
青い魚気持ち悪い、という方もたまに
いらっしゃいますが、それも特性なので
それゆえの美味しさを味わってもらえるとなーと
思います。

青い魚といえば、近所のスーパーにあった
ウマヅラハギ。安い。
ヒレのきれいなブルーとお値段にひかれ
調理法一切考えず衝動購入。
CA2802310.jpg
確かこれで\200台。

この時は体調イマイチの親の希望で酒蒸しにしたが
白身でクセが無いので、揚げたりぱりっとソテーでもいけそうだ。
驚いたのはエンガワの部分。
ヒラメなどよりももっと肉厚で、
食べ甲斐ある量でおいしゅうございます。
季節にこれ見かけたら、青い色に躊躇せずお試し下さい。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply