Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

玉川上水の、上流からの流れは一度ここ、
玉川上水駅から数分のこの場所で調整されて、
遠くに運ばれる。
ここから下流の上水は、全く別のところから
わざわざ下水を処理して再放流している…というのは
だいぶ前にも書いた。

この、水道局の管轄の「小平監視所」
(なんか名前がこわいけど)
で今耐震工事をやっている。

プール状のものが2つあり、ここに水をためているが
上流からはごみや落葉、木切れなどなど
相当量のものが流れて来る。
特に、これからの落葉の季節は、機械で漉すのだが
とんでもない量の濡れ落葉の山が出来上がる。

台風の後には、折れた枝のかなり太いものまで
流れ着き、それらを選別してカット、
引き取りに来るまで所定の場所に集積する等の
地道な作業を、ここの方々がされている。

そして、土も流れて来る。
プールには、かなりヘドロ状の細かい土砂が
堆積していて、一年に一回か、さらえて
上に積み上げているのだが、
気になるのはこのプールにいる鯉やカメだ。

流入する部分には穴があるので、小さい時に
流れのまま入り込んでしまうのか、
あるいは水質の管理のため(?)か
いつもここには鯉がゆうゆうと泳いでいる。
しかもかなり太った個体だ。

これを狙って、寒い時期の夜にはよくゴイサギが
じっと佇んでいる。

さらえる時には、水を抜くので
この鯉達をまず網かなにかで捕獲するのか?

いつも、またそこに水を入れた後には
必ず鯉がいるので、
捕獲した後にまた放しているのだろうか。

今回は、コンクリートの部分そのものの改修なので、
かなり大掛かりな作業。
CA2802760.jpg
想像以上に深いっ!!

2つあるうちの手前のプールの底のさらえ作業を、
今日やっていた。
こんな深い底に重機が入っているのは初めて見た。
そして、泥をショベルカーですくい、
巨大なパッカー車のようなものにペトペト積む。
CA2802750.jpg

狭い部分では、底に人が入って、上から網状のものを
下ろしていたが、ここも相当な深さだ。
CA2802770.jpg
↑底にいる方のヘルメットがちょっと見えてます…

この方、十字に張られたロープを持ってはおられますが
腰に命綱は…なさそうに見える…

高所恐怖症にはぶるぶるがたがた。

この工事の後には、また鯉とカメがいるのか、
ちょっと気になっている。


スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply