Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

バブルの頃は10月からお店でのクリスマスの盛り上げが
力入っていたように思う。

1人暮らしの学生→就職したばっかり
のお金無しの頃だった自分には、
バブルの実感もないまま
知らないうちにはじけてしまっていたわけだが。

それから比べると、今は大分落ち着いたというか
スーパーでクリスマスソングが流れるのも
結構遅くなってから、になった気がする。
…という事を先輩に話したら、
「今までで一番早かった時は9月からだったよ」

…やっぱり日本人はすごすぎる。

いつも玄関まわりをきれいにして、一年中
その季節のリースを飾る家も珍しくは無いが
なんとなくリースというとクリスマスと思ってしまう。

で、いいかげん夏草が枯れ草になったまま
庭を放置していたので、ガス交換の人にも迷惑かなと
庭の草取り等をした。
DSC_04150.jpg

冬咲きの常緑クレマチス。
生まれ育った九州とは違い、冬に全てが枯れて
景色が一変するので、冬に緑のものが欲しい、と植えたもの。

2年経ってこんなに繁って、花付きも良くて安心。
クレマチスはツルに弾力性がなくてすぐ折れるし
管理が大変そうなイメージがあったが、
そんな方にはこの常緑タイプ(原種に近いので丈夫)を
おすすめしたい。ただし、すごく繁るので…
まわりにトゲの木や高さのある木があったりすると、
枯れたツルを取る時に大変です。
DSC_04170.jpg
この緑がかったのがつぼみなんですが、もうはじめのは
1ヶ月くらいついてまだ咲かない。花の期間もすごく長い。
なんともスローな奴です。


トゲのあるナツメが大きくなり、それが葉を落とした今
まるでナツメの葉かと思えるようにクレマチスが絡み付いている。
ようやく取って、すっきり誘導。

前の上水沿いからアケビやヘクソカズラ、野ブドウ…
といったツルが庭に触手を伸ばして来る。
夏はもうあきらめて繁るに任せてるが
冬に枯れかけたそれを取ると、いい状態でツルがゲットできる。

DSC_04060.jpg
これこれ、秋の楽しみと言えば(冬か)コレを見つける事。

DSC_04050.jpg
さっきのツルの先には…コレ。ヤマブドウ。
実に対してタネが大きいけど食べられます。
紅葉がきれいなので庭に導入したいと狙ってるツルのひとつ。


アケビは高級なツル材料だが、なにせ編む技術が無い。

しかも、ホントは収穫したツルはよく乾かして、編む時には
水に漬けて…と下準備がいる。

でも、季節だけのリースにするなら取ってすぐでもいいのでは?
と、庭仕事ついでに作ってみた。

ヘクソカズラ←は、夏小さなかわいい花をつける。
今は金色の実をつけているので、誰でも一度は見ている
ありふれた植物だ。

これが、クレマチスと違ってすごくしなやかなツルなのだ。
細くても弾力性があるし、滑りがいいので編みやすい。
引っぱりに強く、結ぶ作業の途中で切れる事が無い。
庭の草や枝をまとめるのに、自分はひもかわりに使うことが
あるくらいだ。

アケビのツルも一緒に絡んでいるのでもうワケが分からない状態。
それを幸いと、そのまま引っこ抜いて、
くるくる回して輪っかにしていくと
おそろしくイージーに、でもそれらしいリース台の
できあがり。

しなやかなので、端っこを適当に折り込んで
処理するのもとてもやりやすい。

これに、さっきのクレマチスのツルを切ったものと
がめの葉のツル(サンキライとかサルトリイバラともいいます)
を適当にひっかけてできあがり。
DSC_04140.jpg
サンキライの赤い実は、よく冬の生花店で売っている。
枯れたものは人間も食べられるらしい。
このままにしておくとおそらくもう少し経ったら
鳥の餌になると思う。毎年鳥がやってくるから。

所要時間2分。かくれイラチな自分にはうってつけ。

もちろん、上にひっかけたツルはいつか枯れるので
常緑のヒノキやヒバの葉や、もちのいいヒイラギや
南天などの葉や実を飾ると、もっと長く楽しめます。

シック好みにおすすめなのが、
このヘクソカズラのツルと実だけで作るリース。
そのまま輪にすればOKなうえに、
小さな金色の実が沢山付いてて、控えめながら
いい感じのリースができます。

CA2803070.jpg
この写真ではわかりにくいけど、
ノブドウは実の色の変化が賑やか。あ、食べられませんよ。

ノブドウの実なんかを飾っても、緑、水色、青、紫といった
グラデーションがたのしめてとてもきれいだと思う。
ノブドウもヘクソカズラと同様、秋から冬にかけて
どこでもまきついてるツルです。

ついでに、小さいサイズのも作って
玄関にも。
DSC_04250.jpg
ん~、斑入りのツタのせいか、なんか夏向き?

このツタも、高いところのプランターから地面まで来て
根をのばして増殖中のをちょこっと。

お金出さなくても、そこらで絡まってるツルで
なんとなくなリースなら、作れますよ~。
お試しあれ。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  

我が家のクレマチス、ちっとものびないんですけど。
ちゃんと棒も立てているのに、いつも地面近くをはいまわってます。
何が悪いんでしょうね。
種類が多いんで、本を買ってみてもよくわからないけど、剪定の時期を誤った?

2010/12/12 (Sun) 20:25 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: タイトルなし

うーん…
剪定を強めにするのとかいろいろ種類があるようなので
一回品種を確認したほうがよさげですねえ。
http://www.clematis-net.com/←ここ、詳しいです。

2010/12/17 (Fri) 20:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply