Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

自分で作ったものじゃないけどご紹介。

カヤというスプレッドがある。

これは、シンガポールでは
薄いトーストに塗ったものを朝食にするので
有名らしい。

東南アジアではよく路端で売られているお菓子に
緑色のものがあり、(着色料のものもあるとは思うが)
タコの木科の「パンダン・リーフ」と呼ばれる葉の
粉末やペーストを加えていると知った。
この「カヤ」もココナツ、卵、砂糖に
そのパンダンリーフを加えて作るものらしい。

以前近所のスーパーで売っていて、
ナゾの瓶詰めだったのだが、セールなので
試しに買って、美味しかったからまた買おう、
と思ったらそこのスーパーが珍しいものを
売らなくなってしまったのだ。
あんまり売れなかったのだろう。

で、別の店でやはりセールになってたコレを発見。
正直、セールでこの値段かよ!!
と思ったが、家人がまた食べたいと言っていたのを
思い出し、そして勿論泊まったこともないが
あの「ラッフルズ・ホテル」のものだとあるので
意を決して購入。

DSC_04310.jpg

シンガポールに行った事もなければ
今後ラッフルズホテルを見る事があるかどうか
分からないし、滅多に売ってないだろうから。
(あ、調べたら高島屋の通販に載っていました)

前にスーパーで見たものよりも
タコの木系の成分が少ないのか、
ココナッツや卵が多いのか
緑色はもっとシブく薄めとなっている。

DSC_03820.jpg
とろりとクリーミーというより、わりとざらっとしています。

感想。
小さい頃極度の偏食で、卵がだめだった自分に
とっては、何かの記憶が呼び起こされるのか
卵の風味がちょっと勝っている…ように感じた。
そう、エイヨーボーロ、あの風味。

ココナツの香りは全く問題ない自分なのだが
なんでだろう…

カヤに詳しい方によると、このラッフルズのは
砂糖控えめなのにとてもいい風味になっていて
上質なものらしい…なのに何故だろう、なんとなく
手放しで「うまい!」と思えないのは…
もうこれは個人の好みの違いとしか。

パンには果物系の甘いもの以外は
そんなに塗る事の無い自分にとっては、
この高い「ラッフルズ・カヤ」は
ほぼ家人専用ということで
落ち着きそうです。
(ああ、高いんだからちびちび食べてくれ!)

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply