Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

1月のこと。(追記以外の本文は、2月上旬時点での情報を元に書いています)
近所の西武拝島線の線路沿いの野火止用水
(ただしこの辺りは暗渠になっている)
沿いの樹に、やたらにビニールひものマークが付いていた。
CA2803610.jpg
分かれた枝がまたくっついてるケヤキの木にもヒモのマークが。

ちょうどお正月が終わってから、そこより南側の玉川上水沿いの樹を
水道局がギンギン伐りまくっていた頃だ。
(…というと聞こえが悪いけど、ノリ面崩落防止のために、
かなり育った大木を何本も伐るのだから
日中は結構なチェンソー音がしていたのは事実なのだ)
CA280372.jpg
正直すっきりし過ぎな気もするが、生えた場所が悪かったらしい…気の毒な樹。

玉川上水沿いは、北側の小平市側と南側の立川市側の両方に
昨年からちゃんと案内が出され、中長期的な整備をして行く事が
書かれていた。
”伐る予定の木には、こんなヒモのマークがついてますよ~”
という事も、写真入りで懇切丁寧に記してある。
CA280371.jpg

で、前述の野火止用水沿いのほうは…
何にも、その手の案内板は無い。
でも、見ると印のついていない木を見つけるのが難しいくらい、
殆ど全部か??と言いたくなる程の木に、
薄ピンクや黄色のヒモで印が。(写真の赤囲みの部分)

CA2803570.jpg
こっちにも。

え??まさか…これ、全部伐っちゃうんじゃ…?

CA2803620.jpg
はたまたこっちにも。ってほとんどじゃないか!

ここは水道局の管理下ではない筈。
小平市になるのだろうか?

そのうち、そっちのほうからもチェンソーの音。
まーさーかー、ばっさり?

ちょうどその頃、廃プラの事でお世話になっている方が
うちに見えたので、その話をして実際見ていただいた所、
市に確認して下さった。

そしたら、市ではそんな作業は行っていない。どこがやっているのか
分からない、
という返事だったとか。

しかし、それって…
知らない所が市に何も言わず勝手に木に印つけて、
きれいにばっさり切っちゃうなんて、あり得ないのでは。

という訳で再度調べてもらったら、某電力会社が
送電線にひっかかりそうな枝を切るためにやっている、という事だったそうだ。
だからばっさり伐採ではなかったのでひとまずホッとした。

でも、野火止用水沿いの木は、10本20本ではない。近所だけでも数百mは
ずらっと両側に植えてある木だ。
そこは玉川上水と並んでウォーキングの人の通り道でもある。
そんなところの高い所の枝を切るため、当然それなりの機械を出していたが
市に事前に連絡が無かったとは…

ここを日課で歩いている人は多いが、
それほど沢山の木にマークが付けられていることに
誰も何の違和感も抱かなかったということなのだろうか。
市役所も知らなかったという事は、マーク付けからどのくらい間が
あったかは知らないが、その間問い合わせは無かったということだから。

「切るのかしら?まさかこんなに沢山?」と疑問に思ったとしても、
実際問い合わせたりする人は余程のおせっかいか
緑の大好きな人かクレーマーなのだろう、きっと。
自分も人のこと言えないが。
ここらへんの無関心とおケツの重たさ。
廃プラ施設問題、さもあらん。

それと、気になるのが、これらの木を見ると、
これまでも同様の枝切りが過去にあったのだろう、
切られた枝の跡が大抵の木にある。
そして、その部分が枯れている木がすごく多いのだ。
切られていない枝では、そういう枯れ方をしているものは見当たらない。
CA2803580.jpg
皮が縦にばりばりはげて枯れ枝になっているケヤキ。

皮がばりばりと剥げ、キノコが生え…
だから、最初は木が弱っているから、もしかして
伐採するのか?と思ったくらいだ。

ソメイヨシノ程弱くはなくても、萌芽力の強いコナラばかりではない。
もちろんプロが作業をされているのだと思うが、
枝を切った痕のケアは大丈夫なのか、ちょっと心配にもなった。

なにより、看板のひとつでも出して下さいよ。
せめて作業期間中は。
東○、頼むわ。

追記:本日(3/4)通りかかったら、ちゃんと看板出して作業されてました。
もちろん、誘導の人もいました。ああ、よかった。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply