Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

「おでんに卵が欲しいんだよね。
今迄ずっとガマンして来たけど」

という家人の告白を聞き、そうかー、そうだったのかー、と
今更ながら思った。

DSC_05670.jpg
こんにゃく大好き。いつも2枚分入れる。

なにをかくそう、食べ物でこれは避けたい、というものは
案外少ないほうだ。

○黄身の周りが青くなった超ハードボイルドな卵
○焼いてないパンにたっぷり挟んであるマヨネーズや、
マカロニやポテトサラダのマヨネーズ和えの類い。

これ以外は、まず大丈夫。…なんだけど、
「ゆで卵とマヨネーズが苦手」と言うと、
どうも非常にマイナーな趣味のように思われる。
そんな事ないだろう、世の中カレー嫌いな人だって
いるのだぞ。

どっちも卵系なわけだが、例えば目玉焼きは多少熱が回り過ぎても
ターンオーバーでも大丈夫。
マヨネーズは、例えば焼いたパンに他の具と一緒に塗ってあるとか
お好み焼きやたこ焼きについてるのは問題無い。

油や焼いた香ばしさ、醤油やソース等他の味があれば気にならない。
サラダ系は生っぽいから、それにマヨネーズがどっかり使ってあると
マヨネーズの匂いが勝って、どうも気になるのかもしれない。
あと、なんか後味が残ってしょうがない。

そんな理由で、ゆで卵を自分で作るといった事が
考えたら小学校の家庭科か理科の実験か何かでやって以来
おそらく無かった。

でも、ここ数年で、ラーメンやお弁当の上のしょうゆ卵、
あれがやけにおいしく感じるようになってきた。
あれも味が濃いけど、黄身がばっさばさに固茹でだと
果たしてOKかどうかは…

そんな折、文頭の告白である。
これは、いっちょ作ってみるか。となった。

自分の好みからすれば、やはり黄身は適度な柔らかさを
残していて欲しい。
しかし、ゆで卵ってどうやんの?なレベル。

「おでん たまご 半熟」で検索してみる。
半熟ゆで卵を作って、それを出汁や醤油等に
しばらく浸けておいて、最後おでんを食べるちょっと前に
他の具と温めるといい、とある。

早速おでんの日に小学生以来のゆでたまごに挑戦。
DSC_05650.jpg

5分茹でて

水で冷まして、殻をむき…とあるが、固茹ではないからか
これがえらい剥きづらい。卵の殻をつるんと剥く方法というのも
検索すると山のように出て来るが、いずれも固茹で。

慎重に剥いたつもりだけど…がびがび。
DSC_05660.jpg

家人に手伝ってもらった方はパックマン状態になった。
…これ、あなたのね。

試しに1個は白だしと醤油を合わせたものに浸水時間1時間ちょっと。
1個は明日2日目のおでんでまた食べよう、と浸けたままにしておく。

結果。まだ、ちょっと黄身が柔らかかった。味はいいけど。

食べる直前におでん鍋に投入した時に、茹で過ぎるのを
心配するあまり、すぐ引き上げたせいか。
あるいは、はじめに茹でる時にもうちょっとだけ時間を
長めにしておくか。

DSC_05690.jpg
大根と大根菜をぬか漬けにしました。ぬか漬け大根はむしろ葉が好き。

ん~…単純なものだけに…ここ、というタイミングが
よくわからないデス。
これも慣れだろう。またおでんの時に練習してみます。



スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply