Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

連休も明け、東京に戻った。

東京駅から乗り換え、更に乗り換え駅で下車して
はじめて気付いた。

そうだ、東京は節電モードのままなのだ。

清算しようとしたら、機械は半分に減っていて
列ができていた。(列といってもたった数人ですけど)

改札口周辺も、照明を落としたままで
薄暗い。

駅ビルは一箇所を残しで他は店名のライトが
消してあるし、却って落ち着いた雰囲気になっている。
CA2805000.jpg
ムーディー。

もともと、白っぽく明るい照明が多すぎるので
このくらい落としてあっても問題無いと思う。

ただでさえ前年度割れに悩む小売業は
客足の低下を心配するかもしれないが、
あまり明るすぎない方が落ち着けるので、
お客が店にいる時間は長くなるのでは…

長くいるからといって購入するかはまた別なんだろうけど。


さて、家に戻ると、ペットボトルから豆苗が生えている。
DSC_060300.jpg
モヤシにしては育ってますなあ。ツル出て来てるし。

今まで無かった所に新たに洗濯ものをかけるフックが。
CA2805010.jpg

水が入ったポリタンクには炭が入れられ、
日付が貼ってある。

非常袋などを入れたリュックは、震災直後から
居間に移動してきたままになっていた。

買ってあったお米は、使い捨てカイロを入れた状態の
厚手のビニールに移されて(こうすると脱気できるらしい)
それまで庭にあったケースに収納されているし、
風呂桶には水が溜められ、ホコリが入りにくいように
ビニールがかぶせてある。
起こりうる何かに備えて暮らしている感が
ひしひしと伝わる家の中。

庭の山椒がもりもり茂り、タンポポやカタバミが生え放題なのも
おそらく外になるべく出ていたくないという
考えのあらわれなのだろう。
無理も無い、3/17までにかなり高い濃度の放射性物質が
出てました、なんて後になって言うのだから。

野郎一人暮らし、台所のコンロ周りは油で汚れ、
トイレもそれなりだったのでその2箇所は早速掃除した。

しかし、驚かそうと思って何も事前連絡せず戻ったのが
裏目に出た。

夕食は生ものを買ったので、ダブらないように
ケータイにメールしたのだが…
相方が見ていなかった。

なので、とうとう本当に何も知らないまま、
夕食一人分を買って帰って来た相方。

あちこち汚しっ放し、物出しっ放しの部屋を
見られるのがすごく嫌だったらしく、
なんでそんな黙って戻って来るような事するんだよ、
と散々叱られた。

「驚かそうと思って…
そんなに頑張らなくたって、掃除機かけてあったし
野郎1人ならこれでも全然きれいだよ。」
それに、連休終わったらっていってあったじゃない」

「いや、そういう問題じゃない。
言ってみれば、裸でいる時に宅急便がドアを開けたようなものだ。」

ワタシは宅急便配達人か。
いいじゃないか配達が兄ちゃんなら別に見られたところで。
…などと言うと火に油。ガマンしてあやまる。


何で戻って来たんだよ、と言ってるような物言いに
カチンときたけど、ここまでジョークの通じないマジメな人とは知らなんだ。
東京は一部製品の品薄をのぞいて今は物が普通にあるけれど、
原発の状況を東京にいて気にしながら生活している人にとっては
ピリピリしている部分が継続しているのだと理解できる。

同じ小さな島国だからドコにいたってという人もいるが、
決して収束していない原発事故。

原発から数十キロの地域と
200キロちょっとの東京と
その東京から更に1000キロほど離れている福岡とでは、
気持ちを「同じ」にいるのは実際無理だ。

廃プラ施設に関わるオヤクショの対応を見ていても
ホントの事を隠したがるのが上の人。
「何か本当に大事なことが隠蔽されているのでは」
と、1人で自衛に傾く気持ちは分かる。

悪かったよ…
これからは「親しき中にも礼儀あり」でいこうと思います。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply