Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

衣替えの時にたいていの方は防虫剤を使うと思う。

うちでは、クロゼット(というより押し入れ)の扉を
いつも開けているから、寝る時に薬剤の香りや
化学物質は極力避けたい。

そんなこともあって使っているのが
楠の木を切った積み木のような木片。

これを何個か衣装ケースに入れておく。
香りが薄くなったら、ヤスリでちょっと削るとまた復活という
長く使えて便利な物。

それと、もともとハーブの成分を含浸させたペレットが
袋に入っているタイプのもの、あれの香りが薄らいで来たら、
それに月桃や樟脳の精油をしみこませて使っている。

これが大変効く。

それと、他におすすめしたいのが樟脳の結晶だ。

樟脳というと、一昔前のものでやたらと臭い…という
イメージがあるが、あれはどっちかというと
パラジクロロナントカとかそっちの成分の薬剤のほうで、
ほんとの樟脳は案外とすっきりと控えめで、
清涼感のあるいい香りがする。

楠木の実を潰した事のある方なら分かるとおもうが、
まさにあれの香り。なにしろ樟脳はクスノキ由来。

今や貴重な天然樟脳、手間ヒマかけて作っている所が
九州にまだ1軒あるとか。
白くキラキラ光る結晶はなんともきれいで、
これがクスノキからとれるというのが不思議なくらいだ。

DSC_060040.jpg
右のなんだかモロモロとした塊が樟脳デス。

この塊の適当なサイズのものを封筒に入れて衣装ケースや
タンスに入れるのだそうだ。
防虫以外にも、小さい塊をそのまま皿などに置いて
部屋の空気清浄、防カビにも使えるらしい。

樟脳にはカンファー、カンフル剤成分が含まれていると
聞くので、合わない人もおられるかもしれないが
虫の多いこれからの季節、なにかと出番があるし
使い勝手がいいので、ご興味のある方はぜひ。

(これ、アリ除けに只今活躍中…→5/14付日記どーぞ)
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply