Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

パンよりご飯が好きだ。

でも、朝は時間的にトースターで焼くだけのパンが便利で
どうしてもパン食になる。
いや、あと20分早めに起きればご飯の朝食が出来るだけの話だが。

パンは実際相当量の油脂が入っている。
油は摂取しなければいけないものだが、どういう油なのか
なかなか確認しづらい。
それにすぐ食べるのに保存料とかいらないなあ…
小麦粉のポストハーベストなんて怖いしなあ…
とかねてから思っていたところに、昨年
友人がホームベーカリーで焼いたパンを持って来てくれた。

話を聞いていつかはと思っていたが、
今回導入してみた。

ナシ○ナルのが家電売り場でタイムセール。
余ったご飯も材料にできる。これは買いだろう。

DSC_00606.jpg
上フタ開けたところ。右の黒い丸い窪みがドライイースト入れで
左の四角い部分がナッツ等の具入れ。
正直おもちゃのようなかんじで…いや、機能はいいのだろうが…
日本の家電はなんか色や形が…可愛すぎる。
もっとゴツい系クールなのはないのか。


さっそく、粉とドライイーストを買い、試してみる。

機種がいくつかあるが、自分が選ぶポイントにしたのは
ライ麦パンが出来る事、だった。

白くふわふわのよりも酸っぱくどっしりしたドイツパン系が
好みで、ドイツパン専門店も立川にはあるのだが
しょっちゅう買いに行ける訳でも無し(そしていいお値段…)
できることなら自分でなんちゃってパンでもいいから作りたい。

そんな訳で、いきなり一発目に「食パン」ではなく
ライ麦パンに挑戦してみた。

いつもはアバウトな自分だがパンに関してはさすがに、分量はきっちり量った。

やたらに「粉は○社の○○をおすすめします」とガイドブックにあるのが
気になるが、それに逆らって国産小麦粉使用。
自分で材料をえらべるのがホームベーカリーの醍醐味。

朝起きた時に焼き上がるようにタイマー設定。
なんと便利な。

…で、できたのがコチラ。
DSC_00607.jpg

…。なんかあまり膨らんでないような…

パンケースから取り出すとこんなかんじ。

DSC_00608.jpg
お尻には羽の跡が付いている。
…しかし、見るからに硬そうだな…この質感。


確かに手引きにはライ麦パンは他の物に比べて膨らみにくいとある。
○○粉を使わなかったからだけではなさそうだ。

部屋中イーストかヨーグルトかの香ばしい香りが漂う中
できたてのパンをさっそく朝食に。

…。これがまた、切りにくい。
まだ冷めていないから外の固い皮と中の柔らかいのとで
押して切ると形が崩れそう。

DSC_00609.jpg
ゴツゴツです。

…。うー。見てくれはなんだかイマイチだが…。
味は大変よろしいかと。
皮もちゃんとそれらしく分厚く噛みごたえのある状態に。

DSC_00611.jpg
となりの市販品イングリッシュマフィンと比べなんと野性味溢れる…

でもちょっと味が濃いかな。次回は塩と砂糖を少し減らしてもいいかも。
残りはスライスして冷凍庫に。


次はもう少し膨らむパンをと、コーングリッツを混ぜた
「ひきわりとうもろこしパン」。
「フランスパン」コースとやらで皮をパリッと。

DSC_00626.jpg
おお~!膨らんだ!

コーングリッツが細かくひき過ぎているのか、トウモロコシが
入っていると分からないくらい。
個人的にはコーングリッツがもっと荒めの粒のほうが好きだけど
これはこれでおいしくできました。
DSC_00627.jpg
…ええっと、キメの細かいほうは市販品です…

3つ目は手引きの作例にあった「果汁パン」を参考に
野菜ジュースと冷凍コーンで「コーンとトマトのパン」。
DSC_00629.jpg
コレもちゃんと膨らみましたよ~

「早焼き」コースというので作ってみたらわずか2時間で出来上がった。
ふかふかと柔らかくおいしい。
DSC_00632.jpg
トマトの酸っぱさとコーン粒のもっちりがおいしいよ~。

そして4つ目。
シナモンの粉が使いかけだったのを思い出し、
適当にアレンジして「全粒粉パン」コースで「シナモンパン」。

DSC_00633.jpg
うん、これもいいかんじにできあがりました。たまらん香り。

シナモンの香りがいい、うっすら甘い美味しいのができた…
と思って切っていたら、粉の袋に入っていた脱酸素材の袋が
混入したままパンになっていた事に気付いた。
あわわわ。
(袋は破れておらず、命に別状ありませんでした)

DSC_00635.jpg
目下スライスが難しいのが悩み。
冷ましたほうがいくらか切りやすいのは確かだけど
でもやっぱり切ると潰れる。パン切り包丁導入したほうがいくらかましなのか?



買うより自作のパンが全て割安、とは言えない。
でも、同じくらいのボリュームのパンで同等の材料を使ったものが
店では¥300くらいで売られている事を考えれば、
安全が自分で確かめられて、金額も安いと思う。

えてしていろんな具を投入して変化球パンに走ってしまうのだが
そのうちシンプルな「食パン」を作ってみようと思います。

え?電気の無駄?
大丈夫、うちには質実剛健な直火用の鉄鍋タイプのパン焼き器もあります。
かかる時間もずっと短いし。
(パンっつーよりもごついリングケーキみたいなのができるんだけど)
CA2805046.jpg



スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply