Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

福岡での脱原発デモの事は、以前書いた。

天神周辺のかなり狭い範囲内をぐるっと回るコースだったと
記憶している。

6/11に、東京を始め海外でも脱原発を訴えるデモが同時多発的に
行われたのは、もう殆どの方がご存知かと思う。

しかし、意外なほど、マスコミが取り上げていなかった。
「日本では、これだけの事故があってもデモが無いのは何故か」
という海外の当然な意見を取り上げる新聞はあっても、
実際に行われたデモをもっと大きく報道しないで
お定まりの「何も言わない日本人」を相変わらず演出し、
憂えるだけなのは、なんかおかしいんじゃないのか?

なにせ、こんだけの規模だったのだ。



この6/11の各地でのデモは、新宿のにうちの連れ合いが参加した。

暑い中、ご丁寧にアンプ(小さめのやつです)とベースを持って。
サウンドカーに積むのではなく、歩くのにだ。重い。
んで、いろんな人に写真を撮られたと言っていたが
(そりゃそうでしょう)
どなたかのツイッターで写真が公開されてたのには笑った。

「ノイジーなベースを弾くおじさん@新宿デモ
しっかし、重たいだろうに…」
とある。まったくだ。

この日は、新宿だけで約2万人が集まったという。(主催者発表)
新宿駅東口広場はもう、ギュー詰めで盛り上がっていたと聞いた。
それにしても日本のデモはおまわりさんが多過ぎる。
6.11新宿原発やめろデモ←クリック

こういうデモを、何も考えないただ騒ぎたいバカのお祭り、だの
はたまたあの石原伸晃のように
「反原発デモのバックにいるのは革マル派や中核派…」
だの評するのは勝手だが、
石原一家の原発べったり経歴←クリック
上から目線でそんな事を言う人よりも、
3/11に起こってしまった事、
今起こっている事、これから起こるかもしれない事を
はるかに考え、行動しているのはデモ参加者だと思う。

確かに、デモにはいろんな人がいるらしく、
昔ながらの労組系や「核武装しろ」とかいう人も
まぎれていたと連れ合いも言っていた。
しかし、今や、そういう「思想」「団体」とは全く別の、
一般の人達が本能的に危機を感じて参加してきているのを感じる。
なにせ、女子高校生が1人でデモを始めたりしているのだ。
石原伸晃はあくまで公安関係者から話を聞いたにすぎない。
そんな情報で勝手に印象づけようとするのは、オヤジさんの
教育の賜物なんだろう。

デモ参加でなくても、より政治的に影響のある事を
している人達もいる、ポスターを作る人もいる、
何か自分に出来る事をやりたい、
そういう考えの人が確実に増えて来ているのを感じる。

左だ右だと分類するようなことでは
原発に関しては当てはまらないだろう。
そういうレッテルを貼りたがる人達は、気の毒にさえ思う。

ただでさえ、被災者が大変な思いをし続けているのに
原発を推進してきた自民党は何も責任をとらないばかりか
与野党協力体制にもいたらず、ただ足の引っ張り合い。

政治家の資質を嘆くのは、選挙民がいたらないからだといえば
それまでだが、利権で腐った政治家よりも
一般の日本人はもっとまともで賢い筈。

バカバカしい足かせなど気にせず、
思う事を言い、動けばいい、そうとしか思えない。
「仕方ない」では、今までどおり、何にも変わらず
何かあってもまた「想定外」。


最後に、ぜひこちらのサイトを見て下さい。
6/11の各地でのデモのリアルタイム情報や、
東電株主総会の模様、
小出助教授のインタビューなど、見所満載。内容たっぷり。
岩上安身オフィシャルサイト←クリック
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply