Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

東京はまだ体温を上回る気温が連日続くというほどではないが、
それでも「ザ・夏」な毎日カラカラの晴天続き。

東電の電力の余力も信憑性がどうなのか、
いろいろ噂はあるが、何にしても省エネで涼しくなるのならば
お財布にもやさしいということで、
なるべく消費電力の少ない電化製品、
あるいは電力使わない製品にこれ迄以上に脚光が。

家庭で一般的な生活をしている場合、
消費電力の割合としてやはり一番やり玉にあげられるのが
エアコンだ。

だからなるだけ使わない、
使う時も設定温度を高めにしたり
(我が家では29℃。夜でも30℃を軽く超えているのでこれで充分)
と頑張っているわけだが、
扇風機ならばこんなのはいかがでしょう。

グリーンファン。→クリック

入会している生協で紹介されていて、これはいい!と
申し込んだはいいが、在庫に対して予想を上回る注文数で
抽選の結果もれてしまった。

「次は9月末」えええ~…
しかも、それすら注文数が上回ったらまた抽選だ。

でもすでにこれは知られているらしく、
ネット通販でも在庫切れ続出。

これにかぎらず扇風機自体が品薄だ。

6月の時点で量販店に行くと既に扇風機は
ほとんど展示品すらなく、
扇風機だけで8本もの棚がある大型量販店ですら、
扇風機コーナーはがらんどう。
予約でいっぱいで、入荷もどうなるか、な状態だった。

CA2800565.jpg
扇風機コーナー。♪何にも無い何にも無い全く何にも無い

中国は扇風機だけでもうはうはだと思う。
5月か6月の扇風機輸入が1.6倍とかいってたし。

しかしこれ、エアコンだけで扇風機の無い家庭が案外多かったと
いうことなのだろうか。
それとも、各部屋に付けたくなった、とかそういうことなのか。

我が家は1台あるが、なにしろこのグリーンファンは
ひとケタ少ない消費電力
というのにひかれ購入を検討した。
実際購入した人の話で、確かに電気料金は下がったらしい。

正直、扇風機としては値段がひとケタ違うので
○日本製ではない
○長期耐久性はどうか
○今後の新製品や値段が下がる可能性は
というのが気になるところではある。

しかしこの先エアコンを慎み扇風機の活躍頻度を考えれば、
元は取れるのか…とも考えた。

今年はあきらめて、そのうちもっと改良されたり
需要と供給の論理でお値段が下がるのを期待して待つか。

CA2806001.jpg
件の量販店にまた行ってみたらこの人がいました。
…不本意だがキュートだ。

昨日はカンカン照りの中広大な公園に出かけたが
緑の中風が吹くと、水が湯になる家の中にいるより
100倍は快適だ。

トンボのいる湿地でギンヤンマが飛んでるのを見ると
多少暑くてもこれもまたよしという気になる。
それにしても…こんなに暑いのだから、この太陽のエネルギーで
団扇を動かすくらいはできるだろうと思う、やはり。

CA2805990.jpg
立川昭和記念公園の「トンボの湿地」。
あまりの暑さに貸し切り状態。

こんな時、普通に窓を開けて外気を入れて
エコに過ごそうと思った時に、
放射能の心配をしなければならないような、
そんな生活を送りたくなければ
これまでのエネルギー政策でいいとは、どうしても思えない。

ひとたび重大事故が起きれば、
窓を開けて節電という事ができなくなるのだから。
むしろ窓を締切り、空気清浄機にエアコンフル活動
(ほんとは換気もダメなので換気扇やエアコンもダメらしいが)
という、電気が乏しいのに節電とは真逆の生活を送るハメに
なってしまう。

いいこと無し。

というわけで、これを機会に扇風機を…と思っている方は
もう今年は無理かもしれませんが
このようなタイプの扇風機もあるということで。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply