Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

さて、昨日チューナーを買って
実に簡単にアナログTVのまま地デジ対応になった我が家。
(でも、BSは見られないのだった…)

朝食の時にニュースつけたら、
今年の九州産新米が放射能汚染を心配する消費者によって
普段はありえない「10k」とかの単位
~しかも、玄米での真空パック等~
での注文があり、あきらかに備蓄用だという
そういうニュースをやっていた。

お米屋さん曰く、
「こんな単位で買うような事ではないと思いますよ。」

しかし、なぜそういう事態になっているのか、
理由は明らかではないかと思う。

CA2806100.jpg
立川駅の北口周辺には「ファーレ立川」という、
アート作品が実に無造作に林立してるバブリーな地域があります。
あまりにもフツーにあって標識かなにかと思って気付かなかったりする。
これ、左の影もセット。


ニュースでも「冷静に」と言いたいのはわかるが
ではなぜ政府は試験的にとはいえ、こんな震災に原発事故があった年に
コメを先物取り引きの対象物にしたのか。

脱原発と言いつつ、何故外国には原発を売り込むのを
やめないのか。

学校での年間暫定基準値20ミリシーベルトを
見直すと言いながら、それはいつなのか。

食品にしても、500ベクレルは
チェルノブイリと比べても高い値になっている。
いつまでそれを暫定基準値と言うのか。

そういう事をはっきりさせないうちに、
フクシマの原発の近くに戻っていいですよ、と
言い出すのは、全ての順序がおかしいと思う。

お茶の検査のドタバタを見ても、牛肉のセシウムにしても
およそ水と土と大気の汚染が止まっていない、
その元凶からの放出が止まっていない状況で
どの食品なら「少しでもまし」と考えるのかは、
もう政府から言われるのではなく自分で考えて
決めるしか無いと思う人が、増えているということだ。

後になって「なんでもなかったね」で笑えるならいいが
「やっぱり汚染されていた。どうしてくれる」では
笑えない。

そういうケースが既に出ていたのだから。

CA2806110.jpg
5年以上経つケータイでも結構撮れるもんですね。
デパートつなぐデッキの外側。
多分、この黒いラインもアートの一部…なのか?


ニュースでは、コメを原料にする酒造会社が
田んぼを24時間放射能測定する装置を自費で取り付けたというのを
やっていた。
とにかく、先手を打つ、事実を公表するというのが
消費者の安心には大事だという
この会社の偉い人の考えには賛同するが、
本来こういう事は国がやるべき事だと思う。

既存の農業に疑問を抱き、農の会を作って
環境に配慮した農業を行っている方も、
早い段階で土の検査、その結果どうするかの方策を
考えておられた。真面目に土と作物の安全を考えていた
農家の方ほど、ダメージは大きい。
しかし、事故後も真摯な対応をされている所が多い。

こういう事になってしまった以上、
誰かをあてにできず、かといって個人では出来る事も
限界がある。
法的な部分、安全性の判断をどう考えるかの基準、
それに必要な手だて、補償…
政府に求められている事は山のようにある。

でも、毎日の食事には待ったはない。
だから、その人の基準で少しでも安心できるものを
求めるのは、当然ではないかと思う。

そういう動きに対して、
検査をしなかったり情報を隠そうとすることが
拍車をかけていると思う。
「買い占めはいけません」
そういうのとは、既にだいぶ違う問題を含んでしまっている。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply