topimage

2017-08

沖縄のごはん④番外編 - 2011.12.08 Thu

沖縄の食堂では、メニューに例えばゴーヤチャンプルーが
単品で書いてあったとして
それを頼むと、頼んでなくても「ご飯」がついてくる。

基本定食の考え方のようだ。

だから、モツと野菜の入ったお汁の
「中身汁」を頼むとこれにもごはんがついてくる。

それに、たいていのお店は量も多くて
麺類の場合も具が多い。

東京ならば、お店の外観や内装は凝っていても
お値段と料理の中身が釣り合ってなかったり
やたらと量が少なかったりという店があるが
沖縄の場合、東京なら入るのを躊躇するような
外観のお店で大満足の料理が出て来る。

実質的だ。

なので、ガイドブックに載っていなくても
地元の人で賑わっているお店に
ふらりと入ってみるのをおススメします。


入るやいなや歌謡ショーが始まって、
注文したものを食べる前にテーブルのまわりを他のお客といっしょに
カチャーシーしながら回ることになる場合もあるが
まあそれも沖縄ということで。

前名護の近くでふらりと入ったお店では
偶然某有名ゴルファーのお父さんが
選手の卵達のような若者を連れてお酒を飲みに来ていた。
そのような偶然もまた面白い。

頼んだものが切れていたら、「いーよいーよ」と
知らない人の名前が書いてあるビンから
ついでくれたり(え、人のキープから…?)
なんともいえないユルさとサービス精神。

例えばソーキそばの豚肉は、お店によって
濃い色に煮込んであるもの、薄味で白っぽいもの
いろいろあって、もちろんそばの部分も
断面が○に近くて硬めのものから
平たく薄めで柔らかいものまでほんとにいろいろ。

いろんなお店で食べて、好みのお店を見つけるのも
楽しいです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

えー、…
そんなに食べて、太らないとはうらやましい。

Re: タイトルなし

海で泳いだり山行ったりした後の高タンパク食事で
沖縄に行くとなんとなくお肉がつく気がします。
体を動かす分には健康的ですが、歩かず車の生活に慣れると
これはやはり数十年後よろしくないのではないかと。
昔の沖縄の食生活のいい部分は残して欲しいな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/705-97070f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒーターのお直し «  | BLOG TOP |  » 福島の作家の話 その3

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (422)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード