topimage

2017-08

福島の作家の話 その3 - 2011.12.08 Thu

前回に続き、たくき氏の文章について思った事その3。

福島でも、例えば飯館村では
森林が多く除染に20年はかかるというのに
その間どうするのか、他の場所で再スタートしたい。
そう考え始めている若い世代がいるのに、
村に戻って復興を、の流れの中で
そういう事を言えない状況だという記事をちょっと前に読んだ。

飯館村は、古い慣習が若者を遠ざけているのではないか、と考え
外部から来た人達も、全ての世代が暮らしやすくなるように
開かれた村を皆で作り上げるよう努力し、それが成功した
そんな地域だと以前聞いていた。
村を上げて持続可能な産業を、と循環型農業にも力を入れてきた。

それだから、あまりに惨い話だ。

地方は助け合いの精神が人との関わりを
濃くしているが、意見に相違があった場合、
そして今回のような健康と人生設計に
もろに関わる問題の場合に、いい意味での
個人主義が全く通用しなかったら悲劇だ。

CA280749.jpg

避難所での「一生国と東電が見てくれる」発言は、
なんとかしたいと思って駆けつけたボランティアには
ショックな話だ。
でも、口に出さない人だっているのだと思う。

なにしろ震災と事故で極限状況にある時に、
その場でぶちまけた感情だ。
その心理を問うのもどうかとは思うが、
「東電や国にだまされた」と本気で思っている人は
ホントに「安全だ」と信じていたのだろうから、
この先全部、一生涯補償しろ、と思うのは無理もないと思う。

そして田舎というのは結構こういう部分があるものだと
地方出身者の自分は思っている。

しかし、今、原発という毒を垂れ流す発電機を
やめて行こう、と積極的に訴えて署名活動などをしているのは
この作者がいうところの「都会の」人達が圧倒的に多い。

数の面で分母が違うからという事を差し引いても、
石原伸晃が「ヒステリー」とおそれた程、
福島をこんな状態にしたことへの抗議をしているのは
「都会の住民」であり、
福島はむしろ思う事を言えない状態に
自らを追い込んでいるように自分には見える。

だから「農家の婿」ブログのような発信者がもっと
福島に増えて行って欲しい。

CA2807310.jpg

コメの事などは、この秋元さんのコメが検査されていれば、
今回のように「二転三転してやはりダメだった」という
最悪の結果があるいは防げたかもしれないが、何とも分からない。

自然が相手だからとよく農家の人が言う通り、
コメについては放射性物質がどう移行していくのか、
よく分からないことが多過ぎるという。
この作者は東京と同じくらいの汚染度だったから
多分コメは汚染されていなかっただろうと希望的観測を
書いているが、これは少し無責任な予想にも思える。
都内も、基準値を越えた農作物は出ているのだ。

本検査だって、濃度が低そうな田んぼで測って
それで全て出荷OKというカラクリで、ザルもいいところだ。
補償の問題にしても、作らないと補償されないからという
話も聞くが、このシステム自体おかしいうえに
信じる(信じられる)対象がもはや無い状況で
方針も意思疎通も何もかもがメチャクチャにしか
思えない。

CA280750.jpg

僅かでも希望が無いと、生きるのは辛過ぎる。
農家の人達(農家だけではないが)が
将来も仕事をするには、健康な土地が必要だが
今はそれがどこにあるのか。

無理なら国ははっきりそう言うべきだろうと思う。
もう9ヶ月、いい加減データは出ている筈だ。
今は科学的な問題と精神的な部分、加えて金銭の問題が
ごっちゃになりすぎて、二次、三次被害を起こしている。

核燃料がどこにあるかもはっきりと誰も確認したわけでもないのに
汚染水がまたもや大量に漏れていたというのに、
そして思った通りコメが汚染されていたのに、
なぜ住民を戻すというのか。

農産物は作る側も疑心暗鬼、
出荷した後にたまたま検査で発覚。
この労力と費用、僅かな希望に対してあまりに酷い仕打ちを
また来年も繰り返すつもりなのだろうか?

田舎には田舎の、都会には都会の長所がある。
今は短所を言うのではなく、長所でもって
知恵を出し合って情報は全て公開し、
ホントの意味で協力していけないものか。

一刻も早く、海外からもヘルプを頼んで
元凶のダダ漏れをストップさせて
状況把握、住民避難と放射性物質の封じ込めを
しながら、基準値ダウンをはかっていってほしい。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/711-f8b2293d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄のごはん④番外編 «  | BLOG TOP |  » 沖縄のごはん③番外編

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (423)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード