topimage

2017-08

当事者意識&危機意識ナッシング - 2011.12.23 Fri

柏市では焼却灰から8000ベクレルを大幅に超える
高濃度のセシウムが出て最新施設を9月には止めていたが
もう1つの施設の処理が追いつかず、先月再稼働している。
高濃度の放射性物質を生み出す施設を止められないのだ。

さすがにこの焼却灰の保管場所が無くなり
年明けに再停止する予定という。

この灰の保管場所はどうするのか。

豊島の例を見ても、僻地や島、中央から離れた地域には
この先何が運ばれるか分かったもんじゃない。
今は少なくとも関東東北よりは汚染度が低い地域も
全く安心はできないと思う。
こういうことで受け入れ業者や自治体にお金が入る仕組みが
ある以上は。

焼却場の問題は前回の小金井市の事で書いたが、
同様に老朽化焼却場の移転などで問題を抱えている自治体は
沢山ある。

その問題の柏市の隣の我孫子市は、柏市と共同処理を
検討していたがこのセシウム灰でいっぱいいっぱいの柏市と
協議が進む状態ではなくなっている。

CA2807650.jpg
ツリー用?巨大なもみの木が近所の畑から運ばれる直前。
カナダの山にでも住んでるような光景ですが都内です。


そして、自分の家の近くの立川市若葉町にある焼却場も。

ここの1、2号炉は1979年稼働で、1990年代前半に住民が
移転の確約を求め、立川市はそれに応じた。
2008年末までに移転する、と。

しかし肝心の移転先確保や共同処理の話が実現にいたらず、
この約束はホゴにされた。

「2013年3月迄に方向性を示す」
と市は言っているが、若葉町自治会長は
「役所の無責任体質が原因だ」と指摘している。
(10/19付東京新聞より)

稼働から30~35年というのが環境省が言う
建て替えの目安らしい。
30年以上経った焼却場が全国で79箇所あり、
立て替えなのか、移転なのか方針すら決まっていない施設が
この立川以外にも八王子市、我孫子市、東松山市などあちこちに
存在する。

これを「地域エゴ」というのはおかしい。
立川市の施設付近の住民の話では
「排煙やすすで建物や洗濯物が黒ずむ。」とある。
そこから影響下にある自分の周辺も、いくらフィルターがあっても
やはり煙っぽいニオイというのは感じるものだ。

この立川市の施設は予算もキビシいものがあるらしく
管理上の問題で排気が漏れる事故が一昨年、昨年と続けて発生。
これも予定通り移転していれば起こらなかった事故だ。

何をどう処理するのか、減量はどこまで可能か、
今後数十年を見越しての施設更新、移転と
立地選出の理由、環境負荷の説明
すべて明らかにして、情報共有がなされないから
移転もできなければ従来の稼働も難しくなる。

まして今迄数十年もえんとつの近くに住んで来た人には
移転でなく「建て替えするのでまた宜しく」という場合
徹底的な情報公開と議論が必須。

そこを甘く見過ぎていないか、住民も行政側も。

一度造られた施設は、放射能問題もあるコレからは
今迄以上に移転は難しい。

それだけに、「受け入れ」にはよーく、よく考えて、
厳しい条件と継続的な監視が必要と思って欲しい。
そうでないと、「こんなもんだろう」で済まされる。

CA2807530.jpg

この立川市の老朽化焼却場の徒歩10分もかからない場所には
小平武蔵村山東大和の3市の焼却場(小平・村山・大和衛生組合)がある。
ここは建て替えをする事になっているが
敷地内の粗大・不燃ごみ施設と関連するとかを理由に
「3市共同資源化施設」(廃プラスチック中間処理施設)
の東大和市への建設を早く進めたい姿勢だ。

その立地と説明不足を巡って反対が起こり前東大和市長が
他2市長との会談をすっぽかされる事態が続き
選挙で落選、なんともみっともない事態に成り果てているが
衛生組合は「3市の問題ですから」と傍観を決め込んでいる。

場所はどうあれ市長が決めたならそこに早く造ってほしいんだけど
というのが処理に関わる組合の正直なところだろう。
だったら、もめてる3市の調停くらいすればと思うし
3市+この衛生組合の4者が資源化施設の計画に
関与しているのに、都合の悪い時は「3市の問題」と言う。

こんな認識で住民に何が説明できるというのか。
(だから具体的なリスクなどは説明できていないし
立地選出理由に至っては直に質問しても応えなかった)

こういう考えでいるから、
原発事故の直後に排煙漏れを起こしても
住民へは紙ペラ1枚のポスティング、
実質4時間の流出にも1時間と報告しているようだ。
サイトにはこの事故の情報はいまだにどこにも載せていない。
↑クリック。

衛生組合3/17深夜の事故←クリック。

電力会社のナニカの施設と根っこは似たようなものを感じて仕方がない。
そしてこの施設でも1000~2000ベクレル/キロの放射性物質を
含む灰を生み出している。

焼却場の抱える問題は、一層重たいものになった。
だからもっと、リスクというものに対して
一部の神経質な人が騒ぐものだという認識を
行政、組合、そしてごみを出す全ての人達が
今一度考え直して欲しいと思っている。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/721-cc674836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柚子とカボチャ «  | BLOG TOP |  » 名指し。

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (422)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード