Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

実家で作ってる干し柿。
庭の柿で作るもので、売ってるもののように
大きくはないが、干して硬くなったものも美味しいし
カビ除けにブランデーに漬けたものもまた美味しい。

ここでも干し柿を作りたいが、
焼却場のえんとつが近くにあるし、いまだセシウムだとか
いっているこの関東では残念ながらそういうものは
もうあきらめたほうがいいだろうと、やっていない。

で、そのもらいものの干し柿。

パイにするととても合う。

タネをとって適当に刻み、これまた刻んだくるみと
解凍したパイシートに乗せて巻き、細く切って
皮に切れ目を入れて、焼けば出来上がり。

オーブン無くてもトースターで充分。

焼き色が付いたらホイルを乗せて
もうちょっと焼く。
トータルだいたい15分未満で充分。

DSC_006700.jpg

甘い干し柿と塩味のパイ皮との相性がすんばらしい
簡単デザートができあがります。

和菓子を食べると思うが酸っぱさの少ない甘い味というのは
決して甘党ではない自分みたいな人間には
食べてる最中で飽きるというか…ちょっと持て余す事がある。
そんな人は苺大福みたいな酸味がある変化球に救われる。
柿もそれに似ていて、こういう甘味には乳製品やスパイスが
合うのではと思っていたら韓国ではシナモンと合わせるし
バターの入ったパイ皮とも抜群の相性だった。

くるみでなくても良いと思うけど
干し柿のねっとりした食感とは違うクリスプな
ナッツ類を一緒に具にするとほんとにおいしい。

これも、りんごとレモンと砂糖だけで作る
アップルゼリーのレシピの本に載っていたもの。
砂糖を使わないから、干し柿は多めに入れたほうがおいしい。
今回は本にあるとおり細めに切ってパイバーにしたけど
形はお好みで。

DSC_00680.jpg

冬も暦の上ではもう終わっているが
干し柿がまだ家に残っているよという方は
パイシートあればあっという間にできるこの干し柿パイを
是非お試し下さい。


スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply