Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

とかなんとかいうそうだ、この時期の雪は。
なんかラブリーな響きの言葉だが雪は雪。
今回も、首都圏では雪に慣れていない人達の
事故や怪我が相次いだ。

何もわざわざ春を告げてくれなくたって
もうとっくに暦のうえでは春なんであって、
先週末にはイヌノフグリがぽちっと青い花を
咲かせているのを発見。
ユキヤナギの芽も日当りのいい場所では出て来ている。

そんな、時折上着もいらなそうな
春の日差しの日の後に、いきなりこんな雪の日が来る。

東京はだいたいいつも3月に入って一回は雪になるが
雪というのは暖冬の時のほうが多いと聞くので
寒いと言われている今年はもしかしたら3月には
降らないんじゃないか、と思っていたが
やっぱり来てしまった。
今年は2/29まであったから、3/1に降ったようなもんだ。

予報で雪と言っていたから、朝の車出しに備えて
ワイパーは立てておく。

DSC_011400.jpg
そこは、雪国であった。

はたして翌朝カーテン開けると予報どおり真っ白。
しかも、まだ降雪中。

でも積雪はそうでもないかなー、せいぜい5センチ?
なんて思っていたら
この後むしろ雪の量が増えて行き、
まったく降り止まない。

DSC_012100.jpg
ベランダに積もった雪も分厚くなってきた。

DSC_011600.jpg

あれよあれよとえんとつの雪の冠が分厚くなっていってます。

DSC_011900.jpg

DSC_012300.jpg

車の下だったためにそれまで乾いていた庭の一部分は
朝車を出した後に速攻雪だまりとなっていき、
もう庭は一面真っ白、庭仕事用のくるぶしまでゴムの
靴に履き替えて出るが、それでも雪が入って来る高さ。

DSC_012600.jpg
ツタとスミレの植木鉢こんもり。

多摩西部からこのあたりの多摩東部、それから
都心とでは5センチずつの予想積雪量の
違いがあったけど、
結局それを上回る量の雪が我が家では積もった。

DSC_012800.jpg

手首のラインまで入ったから…18センチはありますねえ。
(自分の手や足のサイズ測っておくとなにかと便利ですぞ)


夕方降り止むまで雨にならなかったのは珍しい。
さらさらとしたタイプの雪で重たくない。
車の出入りの部分だけの雪かきはそう苦労ではなかったけど
それでも体調がイマイチだったからさっさと終わらせたい一心で
雪かき用プラスコップで運び出す。

戸建てで困る事は落葉掃除やこういう時の作業だろうか。
しかし豪雪地帯のお年寄りを思えばこれくらいのレベルで
いちいちヒーハー言ってはいけないのだ。
庭仕事の楽しみや、周囲の緑の四季の移ろいを
楽しむのと、こういう作業はセット。

DSC_01200.jpg

目の前のエゴの木の雪塊がだんだん迫力を…
(下は上の写真の2時間後)

DSC_012400.jpg

いつもは犬の散歩やウォーキングの人が通る
上水沿いの緑道も、しんしんと積もって行く雪で
ドコ迄が道なのか植え込みも白く埋まっていて分からないくらい。
人の気配は無く、雪の日独特の静けさの中いると
家の中で仕事や創作など、何かに集中するのには
いいのだけど、毎日この天気だと…
頭の上から覆いかぶさって来る感のせいかと思う。
実際天窓2つに雪が積もって、いつも明るい場所が妙に暗い。


この日家人が朝車を走らせていたら、
信号で止まる時に後続の車が止まれずに
家人の車を右から追い越して前でやっと止まったとか。

これ、危ないだろう…
対向車線に人や車いたらどうなっていたやら。

くれぐれも、お仕事でどうしてもという方は
雪の日はほんと、ゆっくり安全運転お願いします。







スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply