Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

「空豆は合わないんじゃないの?」

と、スーパーで出始めの空豆が安かったから
買おうとした自分への、家人の言葉。

何にかというと、パンがあるから
ぱぱっとできる簡単な野菜グラタンに
しようか、との提案に対して。

なんだと、空豆をなめとんのかコラ

そんな事言ってませんが
彼のアタマの中にはあくまで
空豆は塩ゆでにして、和食として食べるものという
そのようなイメージがあったようです。

でも、今迄フツーにパスタにも使って来たけど?
忘れてるんだなきっと。

というわけで空豆で作ったグラタン。
グラタンといえども、ホワイトソースは
使っていません。
でも、空豆やタケノコはこっくりした
乳製品と相性がいいと思うので是非そういうバージョンも
作ってみて下さい。
ワタクシは作るの面倒だからソース無しで。

SC_0198.jpg

フライパンで、タマネギ、アスパラガスを炒めて
そのまま食べられるくらいに火が通ったら塩コショウ。
耐熱の入れ物に入れて
別にゆでておいた空豆、適当に切ったトマト、
使いかけで残ってたアーティチョークがあったので
それも乗せて、パルメザンチーズ(お好みで他のチーズなど)
を上にかけ、トースターでチーズに焦げ目を
つけてできあがり。

あ、お肉、何入れたっけ…うーん…忘れた。
なんかベーコンか何かの切れ端入れたかな。
この日はお昼が遅くて、
お肉食べなくてもいいくらいだったから。

今迄野菜グラタンについては何度か書いた。
言ってみればごろごろした野菜を炒めて
それをお皿に盛ったものと何ら変わらないのだが、
それを別容器で最後に焼くだけで
なんかごちそうっぽく見えてしまうのが
不思議かつこれ一品でバランスとれて
便利な料理。

夏は夏野菜で作ればラタトゥユだし
冬は長ネギとコンソメで作れば、あと山芋も合いそう。
てな具合に、その季節の野菜、それも固形感のあるもので
作るのがコツ。

ジャガイモとタマネギorトマトがあれば、
大抵味として失敗することはないと思う。
かといって何にでもジャガイモとタマネギをベースにすると
イギリスのパブの食事みたいに全部同じ味になるが。
お肉もひき肉あるいはハム、ベーコン、トリ肉
お好きなように。

「空豆、合うね」
だから言ったじゃないか。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply