Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

300年後と聞けばさすがに気になる。

かといって、数分間のために日食観察グラスを
買う程でもないと思うのだった。
前日の日曜日にまだ近所のホームセンターに
残り僅かっぽく置いてあったが、\1000超えてて驚いた。

厚紙と、目の所にちょっぴりのプラスチック。
これで上代¥1400とかぼろ儲けにもホドがある。

すでにケン裂斑のある自分としては、
もしこの観察グラスが不良品だったらと思うと
怖くて買えない。

どうも紙などに穴をあけて、それを地面にかざすと
ピンホールからの光が欠けているのが分かるらしい。
そういうのでいいだろ何も直接太陽を見なくたって。

…と思ってたけど、その穴あき台紙さえ作るの忘れてた。

はっきりとわかるのは数分感と知り、なんだそんなに短いの
と思ったのだが、木漏れ日でも確認できるというので
ちょっくら見てみるかという気持ちになった。

SC_0253.jpg
右の屋根にぎりぎり隠れた場所に太陽が。
撮ったら目玉焼きになるからここまで。

当日は、晴れてるけど暗い部分もあって陰影が強い、
南国の早朝みたいな、なにやらドラマチックな光に
だんだんとなってきた。
フォトショップのレイヤーで薄い紫色の乗算かけたような
なんともいえない雰囲気が出て来た。単に曇ってるというよりは
晴れてるのに色が全体にかかっている感じ。
だからちゃんと影はできている。

朝7時半頃という、忙しさMAXの時間だが
家のすぐ近くの上水沿いに出て、木漏れ日を探す。
探すという程でもなくもうすぐ先にある。

ハイハイ、ありましたよ~

SC_0249.jpg

いつもは丸く白くなってる木漏れ日が
輪っかになっているワケですな。

なんだかまるで、カラカラに乾いた地面に
馬でも歩いて白く傷がついてる状態に見えるが
これが今の太陽の状態と思うとオモシロイ。

SC_0250.jpg

写真を撮っていると、朝のお散歩の熟年カップルが
腕時計を見ながら「そろそろかしらね」
と通り過ぎる。

その少し後に犬の散歩で歩いているおばさんが
立ち止まって、「こんなにきれいに見えるんですねえ」
と感嘆しきり。

ホントですねえ。

SC_0251.jpg

おばさん、丁度いいタイミングでいい場所に来たよ。
いや、この道は木漏れ日だらけではありますが。

「今が丁度いい時間かしら」
「ハイまさに今がそうです」←そうなるように家を出て来た


「グラスじゃなくて、こうやって見るのもいいわねえ」
「ホント、ときどき風で揺れて、いいですよね」

SC_0252.jpg
写真のコントラストをいじってみました。

ここにいたのは僅か3分とかそこらだったか。
まさに風薫る爽やかな5月の新緑の下で
木漏れ日というこれまたムーディーな方法で
話題に一応乗っかってみたのでした。

SC_0255.jpg
エゴの花が最高潮。今年は花の付きがすばらしい。

この後ダッシュで家に戻り家人のお弁当作り作業の
続きにかかったのは言うまでもない。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply