Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

「お天気お姉さん」というコトバはあっても
「お天気オニイさん」(おじさんでもいいのだが)が
無いのがほんのちょっぴり不服だったが、
知らないうちに海の向こうではこんな事になっていた。
ってちょっと前の話ですが。

まずはコチラ。
アメリカオレゴン州のテレビ局の天気予報コーナーで
解説してくれる、今年53才のこのロン毛のおじさま。

ロマンス小説の表紙や、ヴェルサーチの香水の
モデルをつとめた経歴のある、あちらでは有名な方だそうですが。



なんで風が吹いているのだろうとか
そしてなんでいつも同じ系統の配色の
タンクトップとパンツなんだろうとかは、
多分ツッコんではいけないのだ。

この動画のコメントにも
同様の疑問がいくつか見受けられますが。
でもなんかコメントざっと見ると、「なんで今ファビオ?」
「ゲイだゲイ」「演技ダメ」
「なんで今更コイツが女子に人気なの?」といった、
否定的な意見が結構あるような気もする…
ざっとの拾い読みですが。

この方の他の動画その他モロモロの情報は
コチラに大変詳しいようですので
もっとファビオの事を知りたいの、という方は
コチラをクリック。→美人よりも時代はガチムチ?
個人的には、もーちょっとしなやかな筋肉質のほうを
見ていたい気がする。

加えて、これはわりかし最近ニュースになってたので
記憶に残ってる方が多いかと。

伝統と格式を誇る英国王室の皇太子が
お天気おじさんとして、何の前触れもなく
いきなりTVに出ちゃった。



しかし白髪度が進んでてびっくりした…
太ったのかな女王に似て来た気が。


あのカミラ夫人もこの後出演したとかで、
なんというかセンスオブユーモアとジョークを地でいく
オープンな皇室だなあと。

以前英国のマスコミが皇太子とカミラ夫人の携帯電話での
通話内容を盗聴しすっぱ抜いていたが、
それがもうどうしようもない単なるエロ親父のスケベ話だった
というのを知った後だと、
ほんとつくづくすごくいろんな部分で寛容な王室だと。

BBCのスコットランド局オープン60周年に
合わせたサプライズイベントだったらしいが、
お昼時にランチでもとりながらTV見てた一般人は
「新人です」と紹介されて出て来た天気予報士が
この方でさぞかし「え?」「え?」だったに違いない。

例えばある日NHKのお昼のニュースで
いきなりプリンスヒロがお出ましになったらと思うと。
…かの方には「日本百名山」のほうがお似合いな気がする。
たまたま行った山の国民宿舎に、この方がチェックシャツで
おさまった写真が飾ってあったなあ…
あ、でもこの番組もうやってないのか。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  
一度見てみたい、

映像を想像してしまいました。
しかし。
伝統的な神秘性を重んじる方々が多いこの国では無理かなあ…
やっと実現したら、御簾の向こう側から、しかも、ご本人直々ではなく取り次ぎの方の声、ということはさすがにないでしょうが。

2012/06/02 (Sat) 22:41 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: 一度見てみたい、

ぜひ山番組に、チェックシャツとニッカボッカでご登場いただきたい。
皇室への好感度アップ。

2012/06/10 (Sun) 11:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply