Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

前回の北九州市の記事の続き。

国が税金を投じて繰り広げている
がれき拡散処理キャンペーン。

阪神の震災で出たがれきの処理が殆ど地元で終えたのに
(一部は他の自治体で協力)
…という観点で量を比較しているサイトもあるので、
それはまた別に検索していただければと思うが
一概に同じ性質のごみとして比較できない部分もあるとは思う。

さて、自分はこのがれきの広域処理に、量の点からして
どうも不明瞭なものを感じていたが、先月、5月21日に
宮城、岩手両県のがれき量の精査結果を国が発表したのを見て
ますますはっきりと、思った。
「広域処理は、必要無い」と。


まず5月より前、再調査する前に国が言っていた、
被災地のガレキの量は(以下数字は「約」)
宮城:1569万t
岩手:476万t  計2045万t

この中で国(環境省)が「どうしても現地での処理は無理で
広域処理が必要」と言っていたのが
宮城:338万t
岩手:57万t  計395万t

ソース:環境省の広域処理ガイドライン(旧)←クリック。

…なんだけど、今回宮城県が精査した結果、
宮城:1154万t→415万tのマイナス
ソース:宮城県記者発表資料←クリック
    環境省の広域処理に関する説明資料5/21←クリック

これだけで、もうすでに宮城と岩手の計での
「広域処理しないと」と言っていた
395万tを上回る量が減っているのだ。

…これで何で広域処理、やれと言うわけ?


SC_0263.jpg
他の植物より一足遅いナツメの新緑。


一方岩手のガレキを精査した結果はどうだったのか。

岩手:480万t→530万t(50万t増)
環境省5/21広域処理の推進概要←クリック

…増えてる…

しかしこれ、実はトリックがあるようで。

ガレキではなく、ガレキにふくまれていた土砂が
想定より多かった事、海水をかぶった農地の土も
「がれき」として処理することになったから、らしい。
NHKのニュースでは「岩手のがれき訳100万t増」と
言っていたらしいけど…
その内容も訳83万tは土砂だったようだ。

この土砂を除いていわゆる「がれき」で考えれば
岩手のがれき総量は約33万t減。

つまり宮城、岩手両県の計で448万tも
ガレキが減っている訳で、
これからの広域処理なんぞはもはや不要。

どうしても増えた「土砂」もガレキに入れて
カウントしたとしても、広域処理する程の量なのか…
まして、土砂は焼却するものではないし
(うちの自治体では少なくともそういう扱いだ)
環境省の上記リンク先の資料にあるように
「放射線量も問題無い」のなら、沿岸の埋め立てなど
用途は沢山あるのではないのか?

というわけで、
これほど分かりやすい、「広域処理」キャンペーンへの
疑問とその答えも無いと思うのだが…
どう思われますか?

SC_0289.jpg
橙の花。たまらん香り。

この、がれきの量が減った事について宮城県知事は
まっとうなコメントを出している。
はじめ少ないガレキが、その後になって増えると周囲に迷惑を
かけるが、逆ならばということで推計し、その後精査した
という主旨だった。

しかし岩手の知事はどうも歯切れが悪い。
細野原発相が4月に岩手県庁に来たという事に触れつつ、
すでに広域処理について手を上げてくれている地域で
準備もしてくれているようだし、であればそういうところから
どんどん受入れて行ってほしい…
という、要するにガレキが多少減ろうと、広域処理は
続けて欲しいという姿勢だった。

今、岩手のガレキは東京都が処理している。
これには、東電の関係会社が関与している。

自分のところの親会社が起こしたとんでもない事故の
後片付けを、お金をもらって自己回収。
こんな事、支持できない。
どういうカラクリなんだ。

前述のソース元からも分かる様に、
宮城と違って岩手は、精査結果を自分のところではなく
環境省から発表してもらっている。
細野環境相が岩手に来た、と知事が言及している辺りも含めると
どーもここらへん、大変にクサい。

環境省が、4月に無茶苦茶早い締切りで
「福島のがれきを県外へ持ち出す事について」
のパブコメを募集していたが、
そういう事も何かの伏線になっていないだろうか。

ガレキが減っていて実はもう広域処理なんか
無理にしなくていいという情報が出た今、
北九州市がこのタイミングで手を上げたら、
全くミスジャッジだろう。

環境省は、相変わらず広域処理に回したいがれきは
減っていないというような事を
説明してはいるが、どうもこのあたり不明瞭だ。

こういうガレキ量の情報も、5/21以降には出ていた訳だ。
もし知らずに今から手を上げるとすれば
自治体運営に関わる方々の勉強が足りなさ過ぎる。
国が今なお主張する、それでも広域処理が必要と言う根拠を
どうして誰も聞かないのか、全く不思議だ。

北九州市長が本日6/8と9日に、やっと住民へ
説明会をするというのだから
市民の方々には、これらの資料を元に、
誰もがおかしいと思い知りたいと感じる
広域処理を北九州市で受ける(のならば)理由を、
是非率直に市長に聞いていただきたい。

それにまっすぐに答えられないのなら、
市長をリコールしたほうが、いいと思う。

おそらくは臨時か何かの問い合わせ電話を設けてるんだろうが
そんなのは大抵、若いかわいそうな職員が
通り一遍の対応にあてがわれるだけだから、
市長個人へ連絡をとるようにしたほうがいい。

正面から答えられずはぐらかそう、
時間をかせいでうやむやにしようという対応しか
できない自治体は、絶対何か隠してる。
そんな所が、何か起きても対応なんてしてくれる筈も無い。
東京郊外のこのあたりもひどいもんだが。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply