Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

昨夜首相官邸前に
再稼働に反対する人達が集まった。
吉川タイムズ6:15緊急!←クリック。

いつになく熱気があり、1万人を超える人が来たようだ。
しかし、相変わらずマスコミは報じていないようだ。
(TV無いから…とりあえず、NHKはオウムの事一色だったらしい)
まして、東京以外の地方、再稼働の地元には
こんな様子はもっと伝わっていないだろう。

視聴者ツイート←クリック

NHKに、中継して欲しいという電話をした人も
かなりいるようだったが、
これだけの盛り上がりになっても、マスコミは報道せず、
そして、再稼働は、決まったようだ。
これを機会に、TVと決別した人もいるだろう。
めでたいことだ。
マスコミへ不信が生じたなら、TVを見ないことだ。
NHKならば解約し、民放ならスポンサーの製品の不買。
これが一番効く。
うちもNHKと解約してせいせいした。
名曲アルバムが見られないのは残念だが。

A280861.jpg

13日には、あの気持ち悪いセクハラ仙谷氏が、
産経に「他の原発も粛々と再稼働」と発言。
こいつら、粛々というコトバしか知らんらしい。
弁護士の程度が知れるわ。

購読数No.1の新聞をとり、TVニュースを見て
それが全てと信じ、自分から何かを調べ考える事をせず、
今迄の生活がそのまま続けばそれでいいと
思っている人は、いつか、「与えられているもの」が
実に頼りないものだった、と気付く事があるだろう。

それは、原発に限ったことではない。
ある日突然、自宅の近所に「迷惑施設」ができる、
近所の焼却場にがれきが来る、職場で体調不良の人が
出たと思ったら実は扱っていた物質が一部では
発がん性が指摘されてた、ヤバいものだった…などなど。

そんな時になって、「なんだよー聞いてねーよー」
と騒ぐ前に、「なんかおかしくね?」と、
疑問を持って、自分で調べて、考えて行く事。
当たり前なんだろうが、そのきっかけは、
仕事に追われ日々の生活を送っていると見えにくいように
巧妙に隠されてたりすることに、後になって気付く。
自分がそうだったから。

SC_0296.jpg
いつぞやの雹まじりの雷雨。

昨夜の集会には、仕事帰りのサラリーマン、
家庭の主婦、子供を持った家族、車椅子のご老人
ありとあらゆる人達が来たらしい。
無償の、自発的なこういう行動に、
「この人達お金もらってんの?」と茶々をいれてる人もいるし
「ニートや無職がメイン。ヒマで文句言うだけのバカ」
と言う人もいる。

私に言わせりゃ、仕事をしているからって、エラくない。
それなら、経団連の会長や、「元凶」中○根、首相、
仕事してる(た)けど、彼等には「フツーの人」を
説得さえできていない。
むしろ通常の感覚を持った人達には、彼等は
もはや「無視すべき人達」に成り下がっている。
そんな人達が、国のトップだったり経済界や政治の世界とやらに
影響を与える立場にいるらしい、というのが不幸だ。
人間、こうなってしまってはいけないという
反面教師としか言い様が無い。

身の回りでも、「仕事してるだけ」で、人とのコミュニケーションを
拒否する、お役人を見て来た。

「オレは仕事してるんだ、日本の経済支えてるんだよ、
脱原発なんて女子供、老人の寝言」
と言う人は、仕事だけに集中できる恵まれた人だ。
結構なことだ。

自分も仕事してきたけど、責任感もってまともに仕事してる人は
そんなふうに、ニートなどの人達に自分が優位に立とうとは
しないものだ。
なにより、仕事で忙しいを免罪符に地域の事や選挙には
無関心だった人が多いのでは。それが、今の体たらくに
結びついている。

こんな事態になっていても、再稼働なんて
どうでもいい、騒ぐ奴はバカだという人は、
官邸にいて、国民の声を聞いていただろうに
「聞こえていない」見ざる聞かざる言わざるの
首相と、何の違いもない。

家庭の事、子供の世話に親の介護、更には仕事を持ちながら
暮らしにつながる原発の事を真摯に考えている女性達は、
そういった日々の事をこなしながら、頑張っている。
少なくとも、自分のことだけ良ければと思っている、
「仕事してる奴がえらい」という一部の人より、はるかに、
お友達になりたい人達だ。


スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply