Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

※今回の記事ネタは政府は否定してるようですが
真偽はともかくとして、どこでも起こりうるリスクには
違いないので、そういう見地でお読み下さい。



九州へ今回一時帰省していた間に友人達と会った。

で、率直に感じたのだが…
「フクイチの事は風化しつつある」

地震での直接的な被害は、東北と比較すれば小さいといえるが
それでも建物が壊れて人が亡くなったり
その後ホットスポット続出の東京と、
福岡とでは受け止め方が違うと、1年過ぎてひしひしと感じた次第。
度重なる汚染水漏れもそんなに伝わっていない模様。

これは当然の事だし、
実際なんだかんだと日々忙しく働き、家事もこなし
育児その他やりながらTV新聞以外での情報収集などに
そうそう時間が割ける訳でもない。

でも、福岡の友人も、本来知らされるべき
安全にかかわる情報が意図的に隠されて
それで問題無い、と言われる事へは、危機感を
抱いているようだった。

低線量の被曝の影響がどうなのか、
今は事実上各個人の判断になってしまっている以上
線引きもできず、それが事態を面倒にしていると思うが
なにしろその判断をするためにも、
誰もが事実情報を苦労せずに知り得る状態にすることが
大切なのだという事が、今回の震災と原発事故で
分かった事の一つではないだろうか。

1856~01
夕方7時前の福岡の空。

で、ここ数日ネットニュースをチェックしてなかったら
いつのまにこんな事に??
になっててビックリしたコレ。

「最終処分場」大隅半島9自治体が反対
「農業、水産、畜産が壊滅的打撃を受ける。反対をさせていただきたい」
(嶋田芳博 鹿屋市長)

ハァ???大隅??なんだこの話。いつの間に??

がれきは「そんなに汚染されてないですから」と
全国にばらまき作戦中だが、コレはもうどうやってもはっきりと
汚染された土であることは確か。
それを、「原発のリスクを承知で」「受け入れ」た
(ことになっている)原発立地地域でも何でも無い、
鹿児島県の大隅にって…
怒り心頭です。

某TV局がすっぱ抜いたのが、「誤報」とばかり
8/24には細野環境相が「特定の自治体に打診をしている事実はない」
と否定しているらしいし、官房長官も否定しているようだ。

でも、そんな国側の言う事なんか今は信じる人
どれだけいるのっていうのが正直なところ。
なぜならその24日の会見ではこう細野氏は発言。

福島県内の放射性物質の除染で出る土などを運び込む最終処分場の
設置について「短期間でめどを付けるのは難しい」との認識を示した。
政府は、福島県双葉郡の双葉、大熊、楢葉3町に
汚染土を保管する中間貯蔵施設の受け入れを要請。
中間貯蔵開始後30年以内に
汚染土を福島県外で最終処分する方針を示している。

今現在、中間貯蔵施設をどこに、ということもなかなか進まない。
最終処分場候補地の目星もつかないのに中間貯蔵でそのまま置かれるのでは
という懸念を払拭したいがためなのか。
30年以内にはどこか他の地域に最終処分場を、というのだから。

なんだかなんだ言っても、どうせ水面下で
多額の見返りを餌に、最終処分場候補地を
血眼になって探しているのに違いない。
「めどをつける」のが難しいと言えるほど、候補地をあげているのだろうから。

こういう時に注意しなければいけないのは、
「誰だって自分の所は嫌なんだから」ということで
協力させようとする姿勢だ。
確かにこれは真理だ。
でも、それを言う人に今迄会って来たけど
「迷惑施設」のリスクを軽視している人が多かったし
その人の家の近くにそういう施設が無いのが常。

何でもそうだと思うが、受け入れに至るには、
農海産物への配慮、万が一漏れて周辺へ影響がでた場合の
対策その他、とにかく充分すぎるほどの情報公開と
将来にわたるリスクについて地元の全ての人達との
話し合いがあって、「真の理解」があるのが前提。

今がれき受け入れでも、ほんとに一部のトップと
その関係者が(自治会長など含む)決めているようなもの。
そんな状態で、「仕方無いね」で引き受けるのは
流され過ぎる。
だってこんな話が漏れて来てるようだし…

<ある政府関係者は、JNNの取材に対し、
「南大隅町は唯一にして最大の最終処分場候補地だ」
と話しています。>

まあこれも「誤報」とか言いたいんだろうけど、
火の無いところになんとやら。
最初からろくな検討もなく「唯一」とか適当に決めて
後は下々の者、合意に従え、が廃プラ施設でも同じ、
全く同じ、悲しくなる程の同じやり方。

0929~01
今年初咲きのヘブンリーブルー。ぽちっとな。

ここには明らかに「中央から遠いし人も少ないから」という
安易な理由しか無い。というか他に何の理由が?
国のえらい人にとっては
沖縄、九州や北海道、そして人口の少ない島は狙い所。
そんなお粗末でイージーな思考で、場所決めてオッケーと
思っているのだから、それに乗るのはそれを支持するという事。

九州の人達は、警戒してほしいなもっと。
東北、関東ではもう普通に焼却しているゴミの
灰や、汚泥がこんな状態なんですから…

東京電力福島第一原発事故後に発生した
高濃度の放射性物質に汚染されたごみの焼却灰や汚泥の処分を巡り、
環境省は、宮城、栃木、茨城、千葉の4県については県内に1か所ずつ
国有地に最終処分場を設けることを決めた。

9月末までに候補地を選定、提示する。

原発事故以降、東北、関東地方のごみ焼却施設や上下水道施設では、
放射性セシウムが濃縮された焼却灰や汚泥が大量に発生。
1キロ・グラムあたり8000ベクレルを超える廃棄物は
国の責任で処分することになっており、
9都県で計4万2575トン(8月3日現在)に上る。

同省は、特に発生量が多く、保管場所の確保が難しい4県では
国有地を活用することとした。
宮城、栃木、茨城の3県で市町村の担当者を集めた説明会を開くなど、
すでに調整に入った。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply