topimage

2017-08

ちょっと車で行ける海 - 2012.09.02 Sun

実家のある場所から、車で15分かそこらで
行ける先に近場の海がある。

休日は知らないが、平日ならたとえ夏休み中でも
東京の感覚ではあり得ない程道が空いている。
だから一番近い海辺までは車で10分ちょい。

東京に戻る前日に、車を出してくれる方がいて
乗っけてもらったのだが、
容赦なく照りつける日射しのもと、
海沿いにある道の駅にまず行って晩ご飯のオカズになる魚を
購入、いったん家に持ち帰ってまた海へ。

1737~01
本来季節外れだけどあっさりしたものにしたくて…
鯛1尾が丸で¥600〜700。ウロコとってるのは姉。


今度はその直近の海から北東へ向かい、
北九州方面の海へ行く。

福岡の方ならご存知だろうが、
兵庫のあの有名な高級住宅街とは全く趣を異にする、
同じ名前のひなびた海沿いの町が福岡にはある。

「芦屋からの飛行」という昔の映画。
「ウェストサイド・ストーリー」で有名になった
ジョージ・チャキリスが出ていたようだが(観てない)
それはこの福岡の芦屋のことらしい。
朝鮮戦争の頃には米軍の基地として重要だったこの地には
今も自衛隊の基地があり、時折急角度でそれらしい飛行機が
飛び立つのが見えた。

しかしこの芦屋は福岡県民なら「ボート」をすぐさま連想する
そういう場所で、ちょっと前までは競艇場でウハウハ税収があり
小さい漁村には似つかわしくない立派なハコモノが
建てられていた地域だったようだ。
事実「芦屋」と検索すると最初に出たのが「芦屋競艇」。

それがその後経済的に低迷、スーパーも撤退して
今は個人商店のみ、一時あった「遠賀市」への
合併の話も結局うやむやになっているらしいから、
都会の生活に疲れ昔ながらのひなびた漁村に半農半Xで住みたい
という方にはうってつけの場所といえる。

ちなみに海を臨む高台には宿舎があり、
お手頃価格で眺望のいい露天風呂や近海の海の幸、
そしてもちろん全室オーシャンビューが楽しめるようなので
下手に観光地化されていない、日本の海の景色を
ゆっくり楽しむにもよさげだ。

1330~01
どこの南国ですかと勘違いされそうな植栽ですがこの道を通ってここに至る。

そんな芦屋から、若松の東方面の海へ。
そこ迄行くといわゆる玄海国定公園も東端になる。
そこにある「汐入の里」という、比較的新しい施設で
バイキング式の昼食にする。

東京に戻ると魚とは縁が無くなるので
意地汚く魚を食べだめ。
海が目の前で、テーブル間もゆっくりしているためか
主婦のような方々のグループなど、平日でも案外人がいる。

1329~02
防砂林から砂浜へ至る場所ひたすらだだっぴろい。

ここ汐入の里では地元の産物を買えるが、
道の駅と違うのは、地元とは関係のない場所の物も
売っているという事か。
すぐ裏にある海に作られた小さな人工砂浜で子供が遊ぶのを
見ながら響灘をちょろっと見る。

海岸に吹く潮風はかなり強く、
こんなところでうっかり右側の、人工ではないほうの
深い海に落っこちたりしたらアウトだと
びくびくしながら突き出た岩場(これも人工)を歩く。

深い部分は深い青、左側の人工砂浜は浅いので
きれいなターコイズブルーで沖縄とは言わない迄も
かなりきれいな色だ。

若松といえば、全国ニュースになった北九州市のがれき焼却で、
燃やした後の灰は若松の最終処分場に行く。
大昔は北九州の海といえばヨゴレのイメージしかなかったが
徐々にきれいになったというのだが…
まあそれも北九州の人達が決めることなんでアレですが。

玄海灘は特に冬場は波が高いことで知られるが
よそで雪が積もっても、強風で積雪が少ないという話が
芦屋あたりではあるようで…
この暑い中でも海から出たら風で冷えそうだなあと
もはやラッシュガードが無いといろんな意味で海に入りたくない
年齢の自分は思うのだが、地元の子供は嬉しそうに真っ黒に
なって遊んでいるのだった。

1329~01
汐入の里隣の、人口砂浜のところのトイレ。船のデザイン。なかなかです

帰りには、近所の海では白砂青松で有名な
「さつき松原」のすぐ脇の道を通った。
しかし、夏休み中なのに全く混んでいなかった。
夏休み期間中は車の規制があると聞いたけど
休日じゃないと混んでいないのかな。

こんなきれいな松原も空いていてうらやましいかぎりだが
下手にいろいろテコ入れして
勘違い観光地化されるのもとても嫌だし
進み行く人口減少と環境保全というものへの
微妙な関係を感じつつ、翌日には人口が多すぎる
東京砂漠へ戻ったのでした。

0922~01
最寄り駅からの景色も10年20年前とは大きく変わらない。







スポンサーサイト

● COMMENT ●

砂浜

青い海に砂浜。やっぱり白くなくちゃ。
関東方面の方、すみません、黒い砂浜は九州人にはつらいものが…
毎年の箱根駅伝で写る砂浜、どうにもなじめないものがあります。

Re: 砂浜

上京して驚いたのは畑の土の黒さ。
でも砂浜の色まで黒っぽいとは思ってなかったので
TVで見てまたまた驚きました。
砂浜の色が白いと、海の色自体も
もっとクリアに見えるのかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/841-513def90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

普段食べないハーブ類 «  | BLOG TOP |  » 漫画ミュージアム

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (422)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード