topimage

2017-08

沖縄旅行③ーお腹いっぱいです - 2012.09.19 Wed

那覇空港に着いたのが午前中。
前にも書いたが沖縄のホテルはタバコを吸わない人には
ちょっときつい時がある。
(特に街中の古いビジネスホテル)
旅行会社に申し込む時にいつも禁煙ルームのリクエストを
入れるが、実際はその日チェックインする時にホテル側へ
言うことになるので、夜になる前にホテルへは行きたい。

とはいえ那覇は南部にあり、宿は北部寄りなので
先に南部を観光したほうが動線的にはいいから、
お昼ご飯をかねて観光する事にした。

那覇の近くの豊見城市に、旧海軍司令部壕がある。
ここは沖縄に初めていく方には是非足をのばしてもらいたい場所。
沖縄の暑い日射しからこの壕へ入ると
うってかわってひんやりしている。
崩落の危険があるのか入れない部屋も一部あるが
終戦間際の6月に太田司令官が自決した部屋も全て、当時のまま
保存されている。
戦後10年近く経ってここを旧海軍隊員が訪れた時には
中に土が埋まっていて、中にいた方々の2000名を超える遺骨が
その後5年間で発見されたという。

南部にはひめゆりの塔など、戦争の記憶を残す場所が
数あるので、沖縄を訪れるならせめて一度は
リゾートだけではない部分を見て欲しいと思う。

さて那覇からすぐ近く、南部へ行こうとすると
ヤマトンチューにとっては(それもどっちかというと関東圏)
伏せ字にしなくていいのかという名称の湖がいきなり出て来る。
えーと、スイスにある有名な湖と同じです。
最初地図で見た時には面食らったが
この名称からしても、ここは文化圏的に違うのだと思う次第。

で、どんどん南東方面へ向かうと左手に海、右手が山になってくる。
知念あたりがそうで、右手に古い亀甲墓が出て来る。
このあたりの海の眺めはとても良く、今すぐにでも
車をどこかに停めて泳ぎたくなるきれいな海なのだが
海水浴場になっていないビーチに旅行者が少人数で行くのは
とても危険なのでやめたほうがいい。
大抵は潮の流れが速いとか、それなりの理由があるからだ。

1438~01
カフェくるくまの庭から海方面を見る。

一番東側のカーブを曲がるとその先は斎場御嶽。
今回の目的地はそこのちょっと先の、
健康食品会社の敷地内にあるカフェ「くるくま」。

何故かタイ料理なのだが、沖縄は気候のせいかタイ料理を
よく見かける。他には過去に移住した人が戻って来て
やっている南米料理のお店も多いように思う。
このタイ料理、よくあるなんちゃってタイ料理
ではなく、なんとかいう認証も受けているという
本格派のようなのもポイント高し。

お値段は沖縄にしてはほんのちょっぴり高めのようにも
思えるが、敷地内にプンプン漂うココナツミルクと
ニンニクその他の香りがたまらない。

しかしお昼時のせいか食事の客は30分待ち。
沖縄ではなかなかありえない待ち時間だが
せっかくココ迄来たし、メニューも美味しそうだしで
食事に関しては20分以上は待てない自分達でも
待つ気持ちになれた。

駐車場の崖に立って沖を見ると、丁度斎場御嶽の
斜め上に位置するので、久高島がきれいに見える。

小さな売店があって沖縄の果物や、お茶その他この会社が
手がけているものも買う事ができるし、
敷地内は沖縄特有の植物はじめノニやハーブなども
植えてあるので、時間を潰す場所はある。

順番が来て、いよいよお昼にありつけたが
…すごい量です。
食の細い方はご注意。

ハーブを使った魚介のバター焼きなど、¥1000ちょっとの
メニューもとんでもなく美味しそうだったが
ボリュームのある定食が¥600くらいで食べられる
沖縄しかもお昼に¥1000超えは…という
どケチな心の声に従って下記のチョイス。
ダンナはパイナップルの入ったタイ風チャーハン&スープ
それにココナツミルクのぜんざい。
自分は魚介をココナツミルクで蒸し煮にした
「ホーモックタレー」というものとライス。
ドリンクはレンタカー屋でもらった雑誌のクーポンで無料。
チャーハンが¥1000、ホーモックタレーが¥900。
デザートはいくらか忘れました。

注文の時に、お店の人が自分のオーダーしたメニューは
器が小さめで他の物より量が少ないと感じますが…
とわざわざ確認したから、足りないのかな…
一緒に春巻きセットとか頼んだ方が良かったかな…と
思っていたのだが。
とんでもなかった。
というか、もしこれ以上頼んでいたら
間違い無くタッパーで持ち帰りですわ。
いや、それも夜食かせげていいけどね。

テーブルに、
「ドリンク、デザート以外はどうぞお持ち帰りください」
と書いてある理由が、
よく分かった。

ダンナのチャーハンは見るからに多い。
お皿もでかいが中身も多い。
それに比べて自分のお皿が来た時には、
「あ…確かになんか少ないかも…」
と、隣のテーブルに次々運ばれる豪華なサラダや
じゅうじゅう音たててる魚介のバター焼きの皿を横目に
なんか失敗?と思ったのだが…いらん心配でした。

…このうえココナツミルクぜんざい、入るの?
(1人前だが)
と心配になった程。

実際、その隣の席の家族連れ、食べ盛りの息子さんがいるのに
「…これは到底無理」と残してたから。
「ドコソコでは、全部食べると逆に失礼で2/3くらい食べて
残すらしいよ」と話しているのが聞こえる。
それは中国の話だと思いますがここはニホンなのである。
確かに中国行った時その話聞いたけど
1/3残すというのはちと大げさな気が…
オイオイ持って帰れよ〜そんなに残して…モッタイナイ

ある程度人数がいれば、それぞれがひとメニューずつではなく
適当にオカズっぽいのを選んで皆で取り分ける
というのがお得だったりもするが、この店では
その「オカズ」を人数分頼むと、あるいは食べきれない
可能性大。
出て来るのは混んでいても結構早いから、
お腹の状態を見つつ、オーダーするのをおすすめします。

量は分かったから味はどうなんだと問われれば、
これがまた、ナントカの認証はダテではなかった。

この魚介のココナツミルクとハーブ蒸しなんて
食べた事無かったから頼んでみたのだが、
皿は小さいけど具がてんこもり。
言ってみれば茶碗蒸しみたいなものだが、
これでもかと入ってるイカエビ貝柱に魚。
おまけにココナッツミルクベースなので
お腹にたまる。

これは、ハッキリ言って、安い。

那覇からすぐでもないのに混んでいるのは
斎場御嶽の近くだからか?とも思ったが
食べてみてナットクした。

一つだけ注文を付けるとすれば、タイ料理に欠かせない
調味料4点セットがテーブルにあるともっとうれしい。
辛いお酢にナンプラーその他。
タイでは屋台や食堂には必ずある調味料。
タイ人のコックさんがこれを知らない筈が無い。
これがあえて置いてないのは、味に自信があるからだろうが
パイナップルチャーハンには少しピリ辛があってもよかった。

斎場御嶽を見てどこかでご飯、という方には
お腹いっぱいになっておいしい、そして
眺めが抜群のこのお店をおススメします。

カフェくるくま←クリック

この会社で販売しているノニジュースがレストラン内で
自由に試飲できるようになっているのも随分太っ腹だ。
なにせ1本4千円くらいする瓶。
味からしてごくごくと飲みまくる人はいないと
見込んでの事かもしれないが。(飲んでみたよ)
料理の質、量といい不思議なお休み所のコレクションといい、
きっとここの社長はもう充分儲けていて、
もはや皆様への還元という
そんな心持ちなんじゃないかと、実に勝手に思った。
実に有り難い事である。

1456~01

さて、宿へ行くか、と出るとすぐ近くの風車が黒雲バックに。
案の定、ざっとスコールがきました。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kerokero32.blog45.fc2.com/tb.php/848-4041057c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄旅行④ーケラマブルーのちょっぴり手前 «  | BLOG TOP |  » 沖縄旅行②ーギリギリでした

プロフィール

くろけろ

Author:くろけろ
ケロをこよなく愛する玉川上水ほとりの住人です。
庭をヒキガエル様の根城にしていただきたいけど
目下果たせず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ブログ (0)
うちめし (109)
季節のいいもの (88)
日記 (423)
原発はこの先いらんと思う。 (130)
植物図鑑 (61)
キノコ図鑑 (12)
虫ムシるーむ (21)
街で見かけた変なもの (27)
かはづのお部屋 (46)
愛と平和の無人販売所 (11)
超フリーハンド4コマ (4)
廃プラ施設 (44)
生きて行く上で何の役にもたたないアホニュース (18)
福岡のすみっこ情報 (64)
ネコ糞ウォーズ (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード