Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

9月に、前いた会社の先輩と、やはり仕事繋がりの
外注さんだった方の個展を見に、谷中へ出かけた。

手みやげに日暮里駅前の、新しい方のお店で
羽二重団子を買う。
自分にも買いたいんだけどなかなかにいいお値段で
いつも迷ってしまうのだ。(そしてやっぱり自分用は無し)

_1234~01
しかしさすが寺社町…お寺の密集具合がハンパないんですが。
檀家の取り合いにはならないのか?(→方向にお寺さん)


日暮里周辺は見所が多いので、駅には周辺散策用に
ガイドマップが置いてある。
それを見ながら、谷中商店街へ行く手前で左に折れ、
古い築地塀を路地の奥にちらりと見ながら進んで行くと、
目当てのギャラリーが、谷中霊園の近くに出て来た。

畳屋さんのオフィスが隣接するこのギャラリーは
腰掛けるスペースに、普通はあまり見ない細かい目の
シルク制のへりの畳表が使われていて、
畳のいい香りでくつろげる。

展示内容が木版画なので、このギャラリーがすごく
合っていて、場所柄霊園の行き帰りのご老人が
ちょいと覗くにもいい場所だ。

1220~01
入って、靴を脱いでいたであろう場所。ガラスの向こうはギャラリー。

そこから道挟んで斜め向かいには、銭湯をそのまま使用した
ギャラリーで横尾忠則展をやっていた。
入ると番台にあたる場所に管理の人が座っていて、脱衣所と洗い場が
つなげられていて、そこが展示スペース。
かつて真ん中で仕切られていたことを想像すると
思いのほか小さめの銭湯のようにも思えるが、
天上が高いので、開放感があって不思議な感じだ。
(そしてさすがお風呂、声が響きます)

1221~01
外観はそのまま銭湯。

もとの道を霊園より離れて行くと
台湾のデザートである愛玉子の店が
学生の時に見たそのままの状態で営業中。
あちこちに古い建物があり、経営者もそれなりのお年をめしている
そういったお店がちらほら。

1232~01
お寺の庭にあった洗脳されそうなポスターこんな言葉初めて聞いた。

_1238~01

ヒマラヤ杉が目印の、おばあさんが経営するパン店の
前を通りその先から坂を下りて行き、猫グッズの店の前を
過ぎてまだまっすぐ行くと、根津駅の方へ出る。

根津教会を見て、根津神社の中の赤い鳥居をくぐり、
反対側の出口からまた表通りを戻り、古い建物が密集する
谷中方面に、北西のほうへ歩いて行く。

1254~01
根津教会です。重ね塗りなのかどうか、スモーキーブルーのペンキこってりしてました。

芋甚で小倉最中を買って食べ歩き、(これ皮がパリパリでおいしい)
とんでもなく折れ曲がってる細い道の「へび道」の中を
通っていると、古い建物の一角にすごく小さな文字で
「旅ベーグル」と書いてある店を発見。

1444~01

入ってみると、古い造りだが清潔な感じの
ベーグル専門店。
スパイスがおいしそうな「デュカ」はじめ全部で4種類購入。

お店の人に許可を得て写真をとらせていただいたが、
穏やかそうな、いい印象の方だった。

お隣は皮製の鞄等の店、そのお隣は仕立て屋さんで
どれもセンスのいい若い人がやっていそうなお店だった。
古く狭い路地の建物に、秘密のアジトのように点在する
個性的なお店やギャラリーは、間違い無く同年代のお客を
呼んでいるようで、ベーグル屋にもすぐ他のお客が入って行った。

1445~01
お店入り口も何か雰囲気あってかわいいんですが。

しばらく行くと時代劇村の集会所のような校舎の
小学校が面する通りにぶつかり、そこを渡って進むと
かき氷のお店「ひみつ堂」、その先で谷中商店街へつながる
道へと進む。

マップを持って歩いていると、地元のおばさんが
「どちらへ行かれますか」と気さくに声をかけてくれるのが
さすがという気がする。

たいやき、大学芋、団子に和菓子…
ちょっとづついろんな店のものを買って帰りたいが
どれも甘いもので、メタボなお腹の家人には毒だろうと
心を鬼にして甘いものは一切買わずベーグルにとどめた。

2133~01
燕のはんこが押してある紙袋

しかしここのベーグル、大変おいしゅうございました。
特にデュカ。
スパイス入りだから好みの差はあるとは思うけど
気にならないという方はぜひお試しを。
分厚くてもちもちしていて、香りもよかった。
やたらと硬くないのもポイント高し。

2134~01
その袋にあつらえたのか4個がぴったり入る。

郊外には郊外の良さがある。
ウチのほうは、隣家や公道との境界線が曖昧な、緑の多さが
いい部分だが同時に誰も何もしなければ荒れたジャングルにもなる。
谷中のあたりはその対極で、常に人の手が加えられ、
狭い場所をいかに使い安くするかの知恵を感じる。
そしてそういう場所特有の気持ちよさが確かにある。

下町のごみっとしてそうな中にある緑や、
古くても手入れがされている家、
世代交代で新しく生まれ変わっている家、
狭さを建築の妙としてすごくオシャレにしてあるギャラリーなど
実はもっと中には沢山面白いものが隠れていそうな谷中周辺。

その、ごく一部を見た秋の散策でした。

0757~01
朝食にベーグル。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply