Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

ここ福岡の小さな市に来てから常々思っていたことだが…

こっちの食事の量、多くないですかね?

どんどん出っ張って来るお腹の家人のためにも、
油物は控えたいところ。
というより個人的には揚げ物より焼き物のほうが好みなのだが…
以前の記事で書いたように←クリック 九州は全体的に
肉食が多いというか…
そしてそれが美味しいから困ったもの。
もちろん肉じゃなくてあっさりした魚介も食べるが
弁当類が美味しいから困る。

しかも量があって安い。

13081701.jpg

例えば上の写真は某産直系のお店のお弁当だが
地元の魚の煮付けに唐揚げなどが入って¥298。
この魚の煮付けが…たいがい店のものは甘辛味が濃すぎると
感じることが多いのだが…薄味でむちゃくちゃ美味しい味付けだった。

同じお店で売っている瓦そばも鶏が抜群に美味しい。
同じ人が作っている、鶏の照り焼きのサンドイッチも大変美味。

130806_1422~01
おいなりさんもぎとぎとしてなくて甘ったるくなくて美味しいよ〜

気のせいかほっと○っとの唐揚げ弁当もなんだかとても
美味しい気がするし、ご飯の量もすんごい多い。
上の写真の例は産直のお店ということもあって
¥200〜300円台でかなりのクオリティそして量のお弁当が
入手可能なため、ついついここで買ってしまうのだが、
そうすると¥450のお弁当がもう高いものに見えて来る。

そんなこの場所で、数ヶ月前に台湾料理屋がオープンした。

2週間くらいだったか半額で頑張っていたので一度行ったが
半額期間中だというのにすごい量でおののいた。

で、半額期間が終了すればどうなるのかと思ったが
相変わらずの量でかなりお得感が継続中だった。

麺とオカズのセットを家人が頼んで
ワタクシは日替わりランチにしたが、
麺セットは「普通の量の」麺とオカズがセット。
日替わりは、たっぷりとしたオカズとご飯だけでも満足なのに
揚げ物系のオカズがもう一皿ついている。
これでこのお値段ですか…(日替わりランチ¥550)

別の日には餃子のセットにしたらこれがまたすごくて
泣く泣くご飯を半分残した。
餃子とラーメン(いわゆる「セット」の量ではないのだこれが)
それとご飯だけでもう充分なのに、春巻き2本柔らかくておいしいチャーシュー一切れ
刻みキャベツに鶏の揚げたオカズがついている。
これはラーメン無くていい量だと思うんだが…

131002_1442.jpg
左端にお仏飯のようにてんこ盛りのご飯があるのですが写ってません。

これが台湾のスタンダードなのか
それとも戦略的にここではこういう量がウケると
太っ腹な店主がふんでの事なのかは謎だが、
とにかくこのお店に限らず、全体的に食べ物の量が多い気がするのだ。

そんなワケで、当然出て来る心配に応えるかのような
製品をよく見かけるようになったのだった。

この件はまた続きで。


スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply