Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

12月の話になるが、実家から干し柿をもらった。

131215_0923.jpg
もらったばかりの時はなんとなくまだ柔らかかったからベランダに。

母親がいた座敷から柿の実が沢山ついてしなっているのが
よく見えたが、秋になってもいつまでも暑かったからか
熟した渋柿にスズメバチが来ていて、危なくて
なかなか収穫できなかった。

131108_1434.jpg

11月頭の母の葬儀の頃には、まだ赤いカンナの花が
咲いていたりしたのだが、その後はさすがにスズメバチも来なくなり
熟柿になる前に、と柿の実を収穫しに行った。
実を摘んでいくと、あんなに垂れていたのが信じられないほどに
枝は上を向いた。余程の重さだったのだろう。

実ものは収穫の楽しみがあるが、木の丈が高くなると
収穫が面倒になるし、収穫後の手間ヒマから、住人が高齢になると
せっかくなった果実もそのまま落ちるに任せる状態になってしまう。
そういうのも、最終的には鳥の餌になっていると納得するしかないのだが。

131108_

その、収穫した渋柿の皮をむき、ヒモを通して干すという
一番面倒な作業は大部分が姉の役目になってしまったのだが、
出来た干し柿はカビも生えず、いい食感になっていた。
もらったのが作り始めてから1ヶ月後くらい。しかしその頃はみぞれが
何度か降る天気だったから、ベランダに干しておくのもどうかと思い
何個かそのまま食べた他は、お酒に漬けてみた。

香りをとればブランデーがいいのだが、我が家には無いので
お菓子用のブランデーと、ジンを試してみた。

131216_164.jpg
懐かしいなあこの製菓用ブランデー、昔からパッケージが変わらんなあ…

131216_17.jpg

ジンより甘い香りのラムの方が、酸っぱさの無い柿には合うんだろうな
とは思ったが、予想どおり以外の展開を期待したいってことで。

131219_154.jpg
注いだ当日はまだ沁みてないけど、
翌日にはすでにこのくらいにお酒で膨らんでます。


干し柿は硬いあの食感がいいんだ!という人には
受け付けないかもしれないが、
冬場は雨や雪が多い日本海側の福岡、せっかく出来た干し柿が
ベランダでカビきてた…ということにならないように、
お酒の味にしてしまうというのもおすすめです。

あと、嫌な理由だけど、近くからPMナントカとか
そろそろ黄砂なんぞも来る事を思えば、ずっと外に干しておくのも
なんとなーく気になる今日この頃なのだ。

131215_0931.jpg
いただきもののざぼんと。冬の味覚ですなあ。

チーズやクラッカーと、お酒のおつまみに
あるいはハム類なんかとも合うので、
お酒も好きなもので、いろいろお試しを。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/28 (Tue) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply