Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

つい先頃まで地元産のカリフラワーやブロッコリーがもりもり
売られていたのだが、そういう冬野菜がいつの間にかなりをひそめ、
畑に黄色いボンボンのようなブロッコリーの花が
全開となってしまった。

春全開、なにせ正月からイヌノフグリが咲いている場所があったくらい
なのだが、一重の梅はもう終わり、ツクシやカラスノエンドウの花が
既に出ている。

カラスノエンドウの花って…
小平では4月に咲いていたものだったが。
やはりこっちは春が早いですな。霜が降りて凍ってたのも
1日か2日くらいの記憶しかない。

春になった今は、もう季節外れの「季節のいいもの」ネタなんだが
埋もれさせるのは惜しい色合いの野菜なので紹介させて下さい。

この場所ではカリフラワーが特産のようで、
カリフラワーのサブジが好物な自分にとって楽園だ。

ブロッコリーよりも出回る期間が短めで痛み易いカリフラワーは
お値段もブロッコリーより高めの事が多いが、
この辺りでは生産者直売店で¥100¥200くらいの
低価格で状態のいいものが手に入る。

で、そんな中変わりだねのカリフラワーも売られている。
オレンジカリフラワー。色がちょっと濃め。

140124_193.jpg
オレンジというよりイエローだな。普通の白いのと比べるとわかり易い。

味は白いのと同じ。きれいな色なのでこれはサブジにせず
そのまま茹でてお肉に添えるシンプルクッキングで。

140124_221.jpg
小麦粉など全然入れないで茹でてるけど黄色い色はきれいなまま。

そして、オレンジの次は…

衝撃的なパープルカリフラワー。

140202_153.jpg
気になっていたスイートスプリングという柑橘も買ってみました。

光の加減で、前の写真はちょっと青みがかってるけど
よりこっちのほうが、実物に近いかな うーんでもこっちはちょっと赤にふれてるか…
140202_1531.jpg
でもなかなかの紫具合ですな

140203_1913.jpg

傷み部分を少し切ると、そこがじんわり赤くなる。
前記事にしたビーツほどじゃないけど、これもなかなか濃い色素のようです。

140203_19.jpg

こんだけすごい色でも、茹でたらあっさり薄くなっちゃうんじゃないのかな
と思いつつ、これもまた塩だけで茹でてみる。

140203_192.jpg
お湯に色が出て来ました

ゆで汁に色が相当出るが、では本体の色が抜けたかというと
そんなことはなく、茹で始めて始めの頃は少し色が薄くなった気がしたが
その後むしろ色を再吸収したかのように、色が冴えて来るのがフシギ。
特に茎は、茹でる前より茹でた後のほうが濃い色になった。

140203_1929.jpg
茹で上がりました。この写真は明るめの色になってますがもっと濃い色。

これも塩ゆでしただけのをお肉に添えるシンプルクッキング。
(便利な言葉だ)
140203_20.jpg

食べる時お肉にレモンを絞ったら
おそらくはその酸に反応したのだろう、汁がついた部分が
もっと派手な赤みを帯びた色に変わった。

140203_2046.jpg

きっと固めに茹でて、ピクルスにしたらとてもきれいなものが
できるに違いない。
と思いつつ、もうカリフラワーの季節が終わってしまったので、
また次の冬場のお楽しみ。
緑色のカリフラワーもあったんだけど、それはまたということで。

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ねこ  
し、信じられん

私の中では、カリフラワーは、あの、色。
オレンジだのパープルだのグリーンだの…
単に知らなかっただけなんだろうけど。
うむむむ。

2014/03/15 (Sat) 22:10 | EDIT | REPLY |   
くろけろ  
Re: し、信じられん

この片田舎でも農家は差別化に忙しいようです。
???どうやって食べるの?という初めて見る野菜が
季節毎に出て来ます。

2014/03/17 (Mon) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply