Welcome to my blog

くろけろ

くろけろ

セキレイが、巣を作った。

川があるからか、ここらへんではハクセキレイが
スズメやツバメにまじってよく見かける鳥なのだが、
なんかパソコンに向かってるとチイチイ鳴く声が聞こえるんだが…
と思ったら、いつの間にかセキレイが巣を作っていた。
…と気付いたのは先月の20日過ぎた頃。

140522_1114~02
親は餌を運んで、一度近くの電線に止まって様子を伺う。あるいは低い位置をダイレクトに飛ぶかの2つのアプローチがあるのを今回知った。

そういや、ベランダで干し物をしているとやけにセキレイが
前の電線にやって来るなあと気付き、(しかもどうやらペア)
そのうちクチバシに何かをぶら下げてやって来るようになった。
飛んで行く方向からして、今いるマンションの横の細い隙間の
向こう側に巣でもあるんだろう、にしてもヒナのアピールがすごい…
と思っていたら、まさに今借りてる部屋の外壁の、
電線が集まっている部分のちょっぴり出っ張った場所に巣が出来ていた。

140523_1356.jpg

窓を開けて巣の存在に気付いた時の驚き。
その場所は、パソコンを置いている場所の壁の向こう側で、
どうりでやけにヒナの声が聞こえる筈だと納得。
巣を見るには巣から3mくらい離れた場所にある窓から
そっと覗くしかない。
配線か何かの管を固定する部品で壁からブロック1個分くらい
出っ張っている所にうまいこと作っていた。
(上の写真の赤矢印部分が巣)
上にはこれも少しだけだが丁度良く出っ張りがあり(同青楕円部分)
弱い雨なら避けられそうだ。
巣自体、管の裏側にあるので目隠しになっている。

隣のマンションとの境の、南北に細長い場所。
風は通るし前述のとおり目隠しになっているし
餌をとる川や田んぼから至近。
2つのマンションとも、その壁側にはベランダや大きな窓が
無いので人がやたらと覗く事も無いし、人が下を歩く通路でも無い。
親が巣に近づく前にひと休みして様子を伺える見晴らしがいい場所に
電線があり、人間がその電線近くのベランダに時々干し物をしに出て来るから
カラスがやたらと近づく事も無さそう…ということなんだろうか。
なかなか優良物件を見つけるもんだと感心する。

2014hina.jpg

一羽の頭が右側向いてます。ああ望遠レンズ欲しい。

ハクセキレイのヒナは卵の産卵から2週間くらいで孵化し、
それからやはり2週間ほどで巣立ちするらしい。
気付いた時には孵化から数日あるいは1週間くらい経っていたのだろう。
だいたい、2分に1回くらいのペースで親が餌を運んでいたが
それから1週間くらいでヒナの声の質が少し変わって来たと思った頃
もういつのまにか巣が空になっていた。
前日までまだグレーのふわふわした姿だった筈だが、
そんなナリで巣立ちするものなんだろうか。

hina.jpg
よく見ると2羽のクチバシらしき突起が見えます。

ツバメの様に電線にとまって巣立ちしたばかりのヒナが親から餌を
もらったりする姿も見ないままで、ほんとうに無事に巣立ちできたのか
ちょっと心配になったくらい、あっさりしたものだったが
すぐ近くの桜の木のあたりでヒナらしき声と親の姿が見えたから
ヘビにやられて全滅とかそういう事でもなかったようだ。
カラスの騒ぐ声も聞こえなかったし。

DS_00012.jpg

DC_0014.jpg

その頃はベランダでクランベリーと蘭の花が沢山咲いていた。
あ、蘭の鉢にいつのまにか同じ色のオキザリスが増殖中。


ハクセキレイが家に巣を作るというのは子宝に恵まれるとか
家が富むとかなんというか吉兆という考えがあるらしい。
これがムクドリくらい大きい鳥だと屋根の隙間から入り込んで
家にダニが大発生して大変というケースがあるらしいが
賃貸マンションの外壁だしその心配もなく、
自分の家ではないから吉兆というのが当てはまるのかどうかは
知らないが、なんかいい事があるんだろうと思いたい。

140526_13.jpg
もったいないからテーブルに飾ってみたよ

さて、巣立ちから1ヶ月弱となる今日この頃だが、
数日前から聞き覚えのあるヒナの声が聞こえるようになった。

窓からおそるおそる覗いたが特にヒナは確認できなかった。
翌日気になってもう一度覗いてみた。
すると、昨日は見えなかったほわほわしたものと黄色いクチバシがそこに。
昨日は単に丸くなって固まっていただけだったようだ。
まさか2度も来るとは…同じ親なのかどうかは知らないが
よほどいい場所らしい。

2回目のセキレイヒナ参上、今回も無事育って欲しいが
どうなりますやら。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply